病棟・部門紹介

A棟 B棟
9B病棟
8A病棟 8B病棟
7A病棟 7B病棟
6B病棟
5A病棟 5B病棟
4A病棟 4B病棟
3A病棟 3B病棟
センター部門
中央手術室 ICU
NICU 2C病棟
1C病棟
外来部門
外来看護科 血液浄化センター
通院加療がんセンター 入退院センター

病棟・部門のご紹介

部長・副部長
             看護局
看護局  一人ひとりの看護師が自己実現できる職場づくりを目指しています。
9B病棟
(緩和ケア)
 緩和ケア病棟は、がんによる様々な身体や心のつらさを緩和するため、緩和ケアチームと連携をとりながら看護を提供しています。 また、ご家族への関わりも大切にし、共に、患者さんのその人らしさを尊重し支えています。
8A病棟
(皮膚科,眼科
 内科:血液)
 眼科、皮膚科、内科の混合病棟です。それぞれの特殊性に沿い安全に治療が受けられ、安心して地域に戻れるように支援しています。また、当病棟では県内で唯一、成人の骨髄移植を行っています。多職種と協働し、専門的な治療・看護ができるように取り組んでいます。
8B病棟
(内科:呼吸器)
 肺がん・呼吸器病センターの内科治療が必要な患者さんや結核患者さんが入院されています。様々な職種が専門的な立場から意見交換をし、医療チームで患者さんを診ています。患者さん一人ひとりを大切に看護の専門性を発揮して支援いたします。
7A病棟
(婦人科,
 乳腺外科,
 総合診療科)
 婦人科、乳腺外科、総合診療科を主な診療科とする、女性専門の病棟です。病気だけでなく、家族の事、仕事の事など、女性として様々な問題を抱え入院生活を送る患者さんに、寄り添い、向き合った看護を心がけています。
7B病棟
(整形外科,
 形成外科)
 整形外科では交通外傷や転倒による骨折の治療、形成外科では植皮術や皮弁形成術を行っています。患者さんのニーズに合わせセルフケア能力の向上に向けて看護を行っています。 他職種や地域の病院と連携を図り、1日も早い社会復帰を目指しています。
6B病棟
(耳鼻咽喉科,
 口腔外科,
 脳神経外科)
 口腔外科、耳鼻科、脳外科3科を担当しています。様々な治療を受ける患者さんの望む生活を実現するために、他職種と連携して患者さんが安心して退院、転院できるように関わっています。 スタッフは「報告・連絡・相談」をモットーに働きやすい職場環境つくりに個々が積極的に取り組んでいます。
5A病棟
(一般外科,
 呼吸器外科)
 一般外科・呼吸器外科の患者さんが、手術・化学療法・放射線療法・症状緩和治療の目的で入院しています。肺がん・呼吸器病センターに続いて今年度は肝胆膵・消化器病センターが開設しました。 患者・家族の思いを尊重し安心して治療できるようチームで取り組んでいます。
5B病棟
(内科:消化器,
 一般外科)
 消化器内科・一般外科の病棟です。患者・家族の意思を尊重し、入院・退院後の生活が安心して送れるように、毎週医療チームで症例カンファレンスを行い専門的な立場から意見交換をしています。患者・家族の気持ちに寄り添える看護を目指しています。
4A病棟
(小児全科)
 小児病棟の入院患者は、15歳未満の全科が対象となっています。小児疾患や技術に対する知識の向上を目指し、医師、保健師、ソ−シャルワ−カ−などと連携を図りチーム医療を推進し、カンファレンスや学習会なども定期的に実施しています。 また、今年度より病棟保育士もチームに加わりました。医療を受ける子どもの権利や倫理を重要視し、個々の状況や発達に応じた説明と同意が得られるようにプレパレ−ションを取り入れ、 権利が尊重された看護と医療が行なえるように取り組んでいます。
4B病棟
(内科:腎臓,
 リウマチ膠原病
 総合診療科,
 救命救急科)
 救急患者さんや慢性疾患・難病を持つ患者さんが病気や障害と共にありながらも、自分らしい生活が送れるように支援しています。 また、生活上で生じる諸問題について解決できるように一緒に考え、それぞれの時期に対応したきめ細やかな看護を心がけています。
3A病棟
(心臓血管外科,
 泌尿器科)
 心臓血管外科・泌尿器科の患者さんが入院してきます。主に、手術目的で入院される患者さんが多いですが、泌尿器科では悪性腫瘍の患者さんも多く、痛みの緩和やボディーイメージの変化に対する精神的ケアも行っています。入院時より退院後の生活も視野に入れながら、受け持ち看護師を中心として他職種と連携を持ちながら支援していきます。
病棟
病棟カンファレンス
3B病棟
(内科:循環器
 内分泌,
 麻酔科)
 循環器内科・内分泌内科・麻酔科を主として、急性期から慢性期の専門的な検査・治療を行っています。患者さん一人一人の個別性を踏まえた患者・家族中心の医療、看護を提供しています。また、医師・薬剤師・栄養士等、他職種と連携し、慢性疾患の管理、自己管理能力への支援をきめ細やかに行えるよう心がけています。
中央手術室  全科の患者さんを対象に、手術および検査を行っています。第2・3次救急や母体搬送に伴う救急手術には、当直体制を取り24時間迅速に対応しています。 また、術前訪問を取り入れ、手術室を身近に感じていただける、思いやりのある看護を目指しています。
手術室1 手術室2
   中央手術室(da Vinci)
ICU
(集中治療室)
 集中治療室では、呼吸・循環・代謝その他の重篤な急性機能不全の患者さんを受け入れています。専門的知識・技術のスキルアップをし、治療、観察、援助を行い、回復に向け看護を行っています。
NICU
(新生児
 集中治療室)
 当院の総合周産期母子医療センターは、県全体を一医療圏として、未熟性の高い低出生体重児やハイリスク新生児に対する医療を提供しています。入院した赤ちゃんの生命を守り、ご家族を中心にファミリーセンタードケアの考え方のもと看護を提供しています。。
2C病棟
(産科,
 MFICU)
 県内唯一の総合周産期医療センターとして、日々ハイリスク妊産婦さんの受け入れや看護を提供し、より安全な出産と健やかな育児ができるよう支援しています。また医師と協働し助産師外来や院内助産の開設や、マタニティヨーガやビクスの講座を設け女性の「産む力」を最大限に発揮できる心と身体作りを提案しています。母乳育児を推進しており、母乳外来は365日、24時間対応しています。昨年度病棟の改築がされ、経産婦さんの上の子面会ができる部屋もできました。
NICU 2C病棟  2C病棟 
NICU               2C病棟
1C病棟
(救命救急
 センター)
 救命救急センターでは、生命の危機状態に陥った救急患者さんを多職種で連携を図り高度医療を行うと共に、受け持ち看護師を中心に、患者さんやご家族の思いを尊重した看護を行っています。
通院加療
がんセンター

(ATCC:
 Ambulatory
 Therapeutic
 Cancer Center)
 最上階に位置し、富士山が一望できる環境にあります。患者様が社会生活を送りながら治療が継続できるように、 診療科ごとの担当看護師が中心となりサポートしています。電話での副作用症状や生活上で気になることの相談も行っております。お気軽にご相談ください。
外来1
(内科、外科)
 外来看護は、人口高齢化、慢性疾患患者の増加、在院日数の短縮化などにより、社会からの期待と担う役割が増大しています。外来看護師の力を発揮し、多職種、多部署と協働し、患者さんのQOLを高められるような看護を目指しています。
外来2
(脳神経外科、
 心臓血管外科、
 整形外科、
 形成外科、
 泌尿器科、
 小児科、小児外科、
 女性専門外来)
 患者さんが安心して入院・手術ができるよう、各科わかりやすい説明を心がけています。入院前から退院支援に関する情報を得て、病棟と連携をとり継続看護の充実に取り組んでいます。小児から高齢者まで年齢層が幅広く、より安全に配慮して通院患者さんへの対応をしています。
外来3
(精神科、眼科、
 婦人科、産科、
 耳鼻咽喉科、
 麻酔科、
 皮膚科、口腔外科)
 二階の外来フロアの診療科全体が外来3になります。安全に患者さんが受診できるよう、看護師、助産師、視能訓練士、歯科衛生士、医療事務員が共働し転倒転落予防に取り組んでいます。また、多職種で災害、急変時など、万一に備えた学習をしています。
放射線科  放射線科 看護部門では、手術前の検査、手術後の評価、リニアック(緩和的・根治的)血管内治療を行う患者さんの苦痛への対応・不安へ寄り添ったケアを心がけています。
内視鏡センター  内視鏡センターは、医師・看護師(消化器内視鏡技師)・看護補助者・受付事務といった様々な職種が協力し、チーム医療の充実をはかり、安全・安楽・満足の内視鏡医療の提供しています。
血液浄化センター  血液透析と腹膜透析外来の二つの部門があります。受け持ち看護師が中心となり、患者さんやご家族の思いを大切に、自己管理能力を高められる働きかけや、個々のライフスタイルにあった生活支援を行っています。
入退院センター  入退院センターは入院が決定した時点から患者さんやご家族の方が安心して入院の準備ができるよう、入院前後のスケジュールや入院準備に必要な事項について説明を行っています。
  
 入退院センター入口  入退院センター受付
入退院センター