病院指標

   

目的

当院の医療について情報を公開し、症例や特徴、急性期医療の現状について、より理解を深めていただくことを目的としています。

   

DPC方式について

DPCとは、「Diagnosis Procedure Combination」の略で、「診断群分類」という意味です。 この「診断群分類」により患者さんの主たる病名を決定し、その病名に基づく包括評価により入院医療費を計算する方法がDPC方式です。

DPC方式では、診療行為一つ一つを積み上げ合計して医療費を計算するこれまでの出来高払い方式とは異なり、 患者さんの病名、症状、手術や処置の有無等に応じて全国で統一して定められている1日あたりの定額医療費(包括医療費)をもとに、 入院医療費の計算を行います。

   

指標の定義


  1. 平成27年4月1日から平成28年3月31日に退院した患者さんを対象とし集計しています。

  2. 診療科は、医療資源を最も投入した傷病(※1)を担当した医師が所属する診療科で集計しています。

  3. 集計対象は医科保険適用患者さんで、労災や自然分娩、交通事故等の患者さんは含まれていません。

  4. 入院日時点の年齢を基準としています。

※1 医療資源を最も投入した傷病とは
      → 「 医療材料、医薬品、医療行為等が最も費やされた病名 」
   

指標の公開


  1. 平成27年度 病院指標