地域医療連携支援病院

地域医療支援病院について

当院は、平成28年7月1日に、山梨県知事より「地域医療支援病院」の承認を受けました。 全国には既に500を超える地域医療支援病院がありますが、山梨県内の医療機関が「地域医療支援病院」に承認されるのは初めてであり、 今後も、地域の医療機関との連携を強化し、地域の皆さまに効率的で質の良い医療を提供できるよう努めていきます。

地域医療支援病院とは

地域医療支援病院とは、地域医療を推進するため、紹介患者に対する医療提供や、医療機器等の共同利用の実施等を通じ、 地域医療を担うかかりつけ医、かかりつけ歯科医等の診療を支援し、地域全体の医療の質の向上と効率化を図ることを中心的に行っていく病院であります。

地域のメリットとしては、研修会の実施や施設・機器の共同利用を通じて、地域の医師や医療従事者との連携が強化され、地域全体の医療の質が上がります。 また、かかりつけ医が患者さん対応の第一線を担いつつ、病状を診ながら必要に応じて中央病院に搬送できる救急医療体制が整えられることから、 かかりつけ医が安心して医療を行うことができます。

当院を受診される患者さんのメリットとしては、かかりつけ医からの紹介患者さんを優先した医療が提供され、高度な医療、 緊急性の高い医療を提供する当院とかかりつけ医が緊密に連携することにより、当院において専門医師やベッドの確保が可能となり、 高度で緊急な医療を適時適切に受けることができます。

地域医療連携イメージ

選定療養費の徴収が義務化されます

地域医療支援病院の承認を受け、7月1日から当院では、初診で紹介状を持参しないで受診された患者さんは、 初診に係る選定療養費として医科5,000円(税込)、歯科3,000円(税込)をご負担いただくことが義務化されました。 当院を受診される際には紹介状を持参していただくよう、お願いします。
   なお、健診・人間ドック等で詳しい検査が必要と判断された際に作成される「精密検査依頼書」等は、 検査を受けられた機関や自治体によっては当院における紹介状として見なすことができる場合がありますので、当院もしくは健診機関等にお問い合わせください。 詳細はこちらをご覧ください。

地域医療連携についてはこちらをご覧ください。