がん相談

がん相談支援センターとは?

「がん相談支援センター」は、全国の「がん診療連携拠点病院」や「小児がん拠点病院」「地域がん診療病院」に設置されている、がんに関するご相談の窓口です。 「がん相談支援センター」は、患者さんやご家族のほか、地域の方々など、どなたでも無料でご利用いただけます。 「がん相談支援センター」では、がんに関する治療や療養生活全般、地域の医療機関などについて相談することができます。 ただ、あなたの担当医に代わって治療について判断するところではありませんので、ご留意ください。

どんなことを相談すればいいの?

こんな心配はありませんか?

  • がんと言われ、これからのことを考えると不安でいっぱいです。
  • 先生から病気のことを説明されましたが、難しくてよくわかりません。
  • 現在受けている治療以外にどんな治療法がありますか。
  • セカンドオピニオンについて
  • 治療や手術にかかる費用が心配
  • 退院することになったけれど、自宅でどうしたらいいのか・・・
  • 緩和ケアについて

ご本人やご家族が、がんの治療を受けるうえでの不安や悩み、療養生活や仕事のことについて気軽に相談していただけるよう 「がん相談支援センター」を設置しています。看護師や相談内容に応じて医療ソーシャルワーカー・保健師が、皆様のお話を伺い、 一緒に考え、課題解決のお手伝いをさせていただきます。

ご相談はがん相談支援センターに直接お越しいただく方法と、電話でお話を伺う方法があります。 対面での相談をご希望の方は、できれば事前に電話での予約をお願いします。

その他、ご要望・苦情に関しても承っております。

がんの診断から治療、その後の療養生活、さらには社会復帰と、生活全般にわたって、疑問や不安を感じたとき、一人で悩まず、気軽に「がん相談支援センター」にご相談ください。

受付時間  9:30〜17:00(土、日、祝日を除く)
場所     1階地域連携センターがん相談支援センター内
電話番号  055−253−7111(内1214)

※相談は無料です。

さまざまな相談窓口の紹介

ピアサポート(あったかルーム:乳がん体験者による面談)

就労相談(就職支援ナビゲーターによる面談)

心理相談(心理士による面談)

患者必携「山梨県がんサポートブック」について

『患者必携「山梨県がんサポートブック」』は、がんと診断されて間もない患者さんの思いに寄り添い、 支えることの助けとなることを目指して、「信頼できる情報で、わかりやすく、役立つもの」をまとめた冊子です。

自分らしいがんとの向き合い方や、治療とこれからのことを考えていくうえで、ぜひ活用してください。

サポートブック 作成:山梨県がん診療連携拠点病院連絡協議会(山梨県立中央病院・山梨大学医学部附属病院・市立甲府病院・ 富士吉田市立病院)、山梨県