※このページを閉じる場合には、ブラウザもしくはタブを閉じてください。

MSGR(Medical & Surgical Ground Rounds)の記録(これまでの開催記録)(旧「MGR」)

No 開催日 トピック 文 献 Junior
スタッフ
Senior
スタッフ
資 料
1 平成22年
4月26日(月)
HP、ESD、胃がん Lancet
2008;372:392-97
吉田 小嶋   @
2 平成22年
5月10日(月)
ARB vs ACEI N Engl J Med
2008;358:1547-59
吉崎 禰津   @
  A
3 平成22年
5月24日(月)
分子標的薬、HCC、HCV N Engl J Med
2008;359:378-90
津久井 小俣   @
  A
4 平成22年
6月14日(月)
NPPV、心不全 N Engl J Med
2008;359:142-51
都嵜 宮下   @
5 平成22年
6月28日(月)
CKD、CVD、貧血 N Engl J Med
2009;361:2019-32
磯部 若杉   @
  A
6 平成22年
7月12日(月)
進行胆道癌、Cis-Gem療法 N Engl J Med
2010;362:1273-81
岩本 細田(和)   @
  A
7 平成22年
7月26日(月)
AF、HR vs Rhythm control N Engl J Med
2008;358:2667-77
落合 梅谷   @
  A
8 平成22年
8月9日(月)
ARDS、人工呼吸 N Engl J Med
2006;354:1775-86
松岡 深澤   @
  A
9 平成22年
9月13日(月)
大腸癌、新しい分子標的薬 N Engl J Med
2008;359:1757-65
広瀬(純) 鈴木   @
  A
  B
10 平成22年
9月27日(月)
MM、IκB、プロテアソームインヒビター N Engl J Med
2008;359:906-17
飯野   @
  A
11 平成22年
10月25日(月)
64列CT vs 冠動脈造影 N Engl J Med
2008;359:2324-36
宮坂 中村   @
  A
  B
  C
12 平成22年
11月8日(月)
UKPDS、Legacy effect N Engl J Med
2008;359:1577-89
高橋(和) 井上   @
  A
13 平成22年
11月22日(月)
Gefitinib vs 標準化学療法、肺癌 N Engl J Med
2009;361:947-57
伊藤 見高   @
  A
14 平成22年
12月13日(月)
2010 MGR "Essence of Essence"
スタッフ:第1回〜第10回までの講演担当医
  @
15 平成23年
1月24日(月)
CML、Imatinib Lancet Oncology
2010;11:1029-35
篠原 中島   @
  A
16 平成23年
2月14日(月)
Nurse、Quality、Hospital N Engl J Med
2002;346:1715-22
岩本 望月   @
  A
17 平成23年
3月28日(月)
RA、標準療法 vs 生物製剤療法 Lancet
2009;374:459-66
橋本 秋山(陽)   @
  A
  B
18 平成23年
4月11日(月)
MDS、Lenalidomide N Engl J Med
2006;355:1456-65
藤原 進藤   @
  A
19 平成23年
4月25日(月)
CHDF、AKI、浄化量 N Engl J Med
2009;361:1627-38
都嵜 温井  
 
20 平成23年
5月9日(月)
HCV、PEG-IFN、α-2a vs α-2b N Engl J Med
2009;361:580-93
浅川 廣瀬(雄)   @
  A
  B
21 平成23年
5月23日(月)
Sepsis、Early goal-directed therapy N Engl J Med
2001;345:1368-77
木村 本多   @
  A
  B
  C
22 平成23年
6月13日(月)
AS、TAVI vs バルーン形成術 N Engl J Med
2010;363:1597-1607
松岡 瀬戸(俊)  
 
23 平成23年
6月27日(月)
IgA腎症、ステロイドパルス、扁摘 Lancet
1999;353:883-7
長沼 神宮寺   @
24 平成23年
7月11日(月)
進行食道癌、放射線療法 vs ステント Lancet
2004;364:1497-1504
秋山(大) 細田(健)   @
  A
25 平成23年
7月25日(月)
CRT-D vs ICD、両室ペーシングの効果 N Engl J Med
2009;361:1329-38
吉崎 梅谷   @
26 平成23年
8月8日(月)
TB with HIV infection N Engl J Med
2010;362:697-706
山内 宮下   @
  A
  B
  C
27 平成23年
9月12日(月)
膵癌化学療法、GEM vs FOLFIRINOX N Engl J Med
2011;364:1817-25
川上 星野   @
  A
  B
  C
28 平成23年
9月26日(月)
境界型糖尿病、αGI Lancet
2009;373:1607-14
古屋 井上   @
29 平成23年
10月17日(月)
転移性大腸癌、化学療法 N Engl J Med
2009;360:1408-17
深澤(佳) 鈴木(洋)  
 
30 平成23年
10月31日(月)
ITP、TPO、TPO受容体 N Engl J Med
2010;363:1889-99
佐野 飯野   @
  A
  B
  C
31 平成23年
11月14日(月)
AF、抗凝固療法 N Engl J Med
2011;365:883-91
中村(め) 牧野   @
  A
  B
  C
  D
32 平成23年
11月28日(月)
クローン病、IFX vs 免疫調節剤併用 N Engl J Med
2010;362:1383-95
久野 小嶋   @
  A
  B
  C
33 平成23年
12月12日(月)
SAS、CPAP Lancet
2005;365:1046-53
八重樫 深澤(一)   @
  A
  B
  C
34 平成24年
1月16日(月)
DRI、DM腎症、腎保護 N Engl J Med
2008;358:2433-46
須長 若杉   @
35 平成24年
1月30日(月)
CML、Nilotinib vs Imatinib Lancet Oncol
2011;12:841-51
三浦 中島  
 
36 平成24年
2月13日(月)
SLE、生物学的製剤、belimumab Lancet
2011;377:721-31
秋山(陽)  
 
37 平成24年
2月27日(月)
DAAs、Hepatitis C N Engl J Med
2012;366:216-24
津久井 望月  
 
38 平成24年
3月12日(月)
シスタチンC、心血管死亡 N Engl J Med
2005;352:2049-60
丸山 中村(政)   @
39 平成24年
5月14日(月)
IPF、PH N Engl J Med
2010;363:620-628
川口 本多   @
40 平成24年
5月28日(月)
PCI、肺小細胞癌 N Engl J Med
1999;341:476-84
小林(寛) 萬利乃   @
  A
41 平成24年
6月25日(月)
脂質強化療法、LDL、プラーク退縮 N Engl J Med
2011;365:2078-87
藤原(裕) 梅谷   @
42 平成24年
7月23日(月)
CAS vs CEA、内頚動脈狭窄症 N Engl J Med
2010;363:11-23
飯塚 中野  
 
43 平成24年
8月27日(月)
胃癌、分子標的薬、HER2 Lancet
2010;376:687-97
石田 広瀬   @
44 平成24年
9月24日(月)
AKI、CHDF vs IHD Lancet
2006;368:379-85
樋貝 温井  
 
45 平成24年
10月22日(月)
HT、腎交感神経アブレーション Lancet
2010;376:1903-09
須藤 牧野   @
46 平成24年
11月26日(月)
乾癬、生物学的製剤,
IL-17
N Engl J Med
2012;366:1190-9
安永 塚本  
 
47 平成24年
12月10日(月)
IE、
早期手術 vs 従来治療
N Engl J Med
2012;366:2466-73
大貫 中島   @
48 平成25年
1月28日(月)
DM、
BOT vs DPP4阻害薬
Lancet
2012;379:2262-69
大宮 井上  
 
49 平成25年
2月25日(月)
上部消化管出血、入院 Lancet
2009;373:42-47
甲斐 岩本  
 
50 平成25年
3月11日(月)
開腹 vs ラパロ、
大腸癌切除
N Engl J Med
2004;350:2050-9
吉野 長堀   @
51 平成25年
5月27日(月)
mTOR阻害剤、
第3の分子標的薬
N Engl J Med
2012;366:520-9
奥隅 中込   @
  平成25年
6月17日(月)
特別講演 「ここまでわかった脊髄小脳変性症
   − 患者さんとの出会いから今日まで −」
山梨大学神経内科学 教授
      瀧山嘉久 先生
52 平成25年
6月24日(月)
PaNIC study、
早期静脈栄養
N Engl J Med
2011;365:506-17
萩原 小林(辰)  
 
53 平成25年
7月22日(月)
子宮頸癌、
HPV-16ワクチン
N Engl J Med
2002;347:1645-51
池田 池上   @
54 平成25年
8月26日(月)
PAF、Ablation N Engl J Med
2012;367:1587-95
徳増 佐野
(圭太)
  @
55 平成25年
9月30日(月)
BIS、術中覚醒 N Engl J Med
2004;363:1757-63
横山 野中   @
56 平成25年
10月28日(月)
CKD、ARB、腎保護 N Engl J Med
2011;364:907-17
志村 鈴木(博)   @
57 平成25年
11月25日(月)
DVT & PE、
多発外傷、周術期
N Engl J Med
1994;331:1601-06
吉村 岩瀬(弘)   @
58 平成25年
12月16日(月)
SLE、生物学的製剤 Lancet
2011;377:721-31
井口 神崎  
 
59 平成26年
1月27日(月)
乳房再建、Implant、
皮弁再建
Plast Reconstr Surg
2009;124:1429-36
佐野(圭) 佐藤(雅)  
 
60 平成26年
2月24日(月)
ACS、DPP-4阻害薬 N Engl J Med
2013;369:1327-35
鈴木(愛) 出山   @
61 平成26年
3月17日(月)
Epilepsy、長期予後 N Engl J Med
2010;363:2522-9
名取 後藤、
反頭
 
 
62 平成26年
5月26日(月)
ARDS、
人工呼吸器 vs ECMO
Lancet
2009;374:1351-63
小林(亜) 大嶽  
 
63 平成26年
6月9日(月)
骨粗鬆症、Bisphosphonate、
非定型骨折
N Engl J Med
2011;364:1728-37
藤巻 佐久間   @
64 平成26年
6月23日(月)
食道癌、
鏡視下手術 vs 開胸開腹手術
Lancet
2012;379:1887?92
牧野(暁) 羽田   @
65 平成26年
7月7日(月)
メラノーマ、BRAF、
シグナル阻害薬
N Engl J Med
2011;364:2507-16
上田 塚本  
 
66 平成26年
7月28日(月)
早期緩和ケア、
QOL、意思決定支援
N Engl J Med
2010;363:733-42
中込(貴) 許山   @
67 平成26年
8月25日(月)
新生児脳症に対する
全身冷却と長期予後
N Engl J Med
2014;371:140-9
蛭川 高田  
 
68 平成26年
9月8日(月)
未破裂脳動脈瘤の自然歴、
UCASj、ISUIA
N Engl J Med
2012;366:2474-82
関口 中野   @
69 平成26年
9月22日(月)
糖尿病合併症、20年間の変化 N Engl J Med
2014;370:1514-23
秋山 井上  
 
70 平成26年
10月27日(月)
特発性肺線維症の治療
〜現状と今後〜
N Engl J Med
2014;370:2083-92
榊原   @
71 平成26年
11月10日(月)
転移性膵臓癌、ナブパクリタキセル N Engl J Med
2013;369:1691-703
深澤  
 
72 平成26年
11月17日(月)
ロボット支援、前立腺癌摘除術 J Urology
2012;188:2205-11
四方 中藤
山岸
  @
73 平成26年
12月1日(月)
冠動脈バイパス手術
オフポンプ vs 心停止下
N Engl J Med
2012;366:1489-97
吉野 中島  
 
74 平成26年
12月15日(月)
甲状腺分化癌の分子標的薬治療
DTC、sorafenib、DECISION test
Lancet
2014;384:319-28
望月(美)  
 
75 平成27年
1月26日(月)
Vedolizumab、潰瘍性大腸炎 N Engl J Med
2013; 369: 699-710
塩入 浅川  
 
76 平成27年
2月23日(月)
世界中の子宮性不妊患者に朗報!
the first livebirth after uterus transplantation
Lancet
2015; 385: 607-616
渡邊(英) 永井  
 
77 平成27年
3月16日(月)
新しい麻酔薬開発中、TIVAの逆襲なるか?
TIVA, Remimazolam, Desflurane
Anestesia & Analgesia
2013; 117: 1093-1100
多田 久米  
 
78 平成27年
4月27日(月)
術後膵液瘻、Pasireotide
〜膵切離後の膵液瘻を減らす工夫〜
N Engl J Med
2014; 370: 2014-22
原間 鷹野  
 
79 平成27年
5月18日(月)
Lower vs Higher Hb Threshold N Engl J Med
2014; 371: 1381-9
川島 河野  
 
80 平成27年
5月25日(月)
乳房切除後の再建術 Plast Reconstr Surg
2010; 125: 1585-95
齋藤 酒巻  
 
81 平成27年
6月8日(月)
未熟児網膜症、
Bevacizumab vs レーザー治療
N Engl J Med
2011; 364: 603-15
阿部   @
82 平成27年
6月22日(月)
直腸癌、腹腔鏡下vs開腹手術 N Engl J Med
2015; 372: 1324-32
浜田 古屋  
 
83 平成27年
7月13日(月)
Tandem mass spectrometry, SIDS,
新生児マス・スクリーニング
Lancet
2007; 369: 37-42
中村 齋藤   @
84 平成27年
7月27日(月)
急性期頸髄損傷に対する治療戦略 Lancet
2011; 377: 1004-10
羽田 小林  
 
85 平成27年
8月24日(月)
BRCA遺伝子解析が可能にした
新しい卵巣癌治療
Lancet Oncology
2015; 16: 87-9
都倉 坂本  
 
86 平成27年
9月28日(月)
小児鼠径ヘルニア手術、開放vs鏡視下 J Pediatr Surg
2011; 46: 1824-34
池亀 江村  
 
87 平成27年
10月5日(月)
悪性リンパ腫 造血幹細胞移植の適応 N Engl J Med
2013; 369: 1681-90
小林 山本   @
88 平成27年
10月26日(月)
乾癬性関節炎の生物学的製剤治療 Lancet
2015; 386: 1137-46
小野 神崎  
 
89 平成27年
11月2日(月)
Improvement of the diagnostic
performance of bronchoscopy
N Engl J Med
2015; 373: 243-251
伊瀬 後藤(太)   @
90 平成27年
11月9日(月)
急性冠症候群、LDL-C、Ezetimibe N Engl J Med
2015; 372: 2387-97
山田 高橋  
 
91 平成27年
11月30日(月)
瘧病(おこりやまひ) Lancet
2015; 386: 31-45
深沢 三河   @
92 平成27年
12月21日(月)
急性呼吸不全に対するネーザルハイフロー N Engl J Med
2015; 372: 2185-96
花輪 筒井  
 
93 平成28年
1月25日(月)
GIST術後の再発リスクについて Lancet Oncology
2012; 13: 265-274
渡邊 小山   @
94 平成28年
2月8日(月)
多発性嚢胞腎(ADPKD)、トルバプタン N Engl J Med
2012; 367: 2407-18
相川 長沼  
 
95 平成28年
2月22日(月)
RTK coamplification Cancer Discov
2015; 5: 1271-81
名田屋 倉富   @
96 平成28年
3月16日(月)
checkpoint blockade
チェックポイント阻害剤による癌治療
N Engl J Med
2012; 372: 2509-20
名田屋 倉富   @
97 平成28年
5月9日(月)
MR CLEAN、脳梗塞急性期の新たな戦略 N Engl J Med
2015; 372: 11-20
原田 松本
中野
  @
98 平成28年
5月23日(月)
転移再発乳癌 OS QOL Lancet Oncology
Volume 17,No.1,
p90-98,January 2016
飯尾 井上
99 平成28年
6月13日(月)
関節リウマチ 生物学的製剤 寛解 Lancet
2013 Mar 16; Volume 381,
No. 9870, p.918-29.
古屋 佐久間   @
100 平成28年
6月27日(月)
メラノーマ、免疫チェックポイント阻害薬、PD-1、CTLA-4 N Engl J Med
2015; 373: 23-34
吉川 木下   @
101 平成28年
7月11日(月)
soluble Flt-1/PlGF 比 妊娠高血圧腎症(Preeclampsia) Pravastatin N Engl J Med.
2016 Jan 7;374 (1):13-22.
Predictive Value of the sFlt-1:PlGF Ratio in
Women with Suspected Preeclampsia.
田中 須波
平成28年
7月19日(火)
第100回記念講演会
ウイルスからヒトゲノムへ 進行がんに挑む
小俣政男理事長
102 平成28年
7月25日(月)
CEA vs CAS
〜頸部内頚動脈狭窄症に対する外科的治療戦略〜
N Engl J Med 2016; 374: 1021-31.
Long-Term Results of Stenting versus
Endarterectomy for Carotid-Artery Stenosis
村田(博) 若井
103 平成28年
8月29日(月)
腹腔鏡VS開腹大腸切除術 日本発のRCT 周術期の短期成績 Annals of surgery 2014;260:23-30 村田(有) 安留
104 平成28年
9月12日(月)
特発性間質性肺炎、Nintedanib N Engl J Med 2014; 370: 2071-82 塩谷 柿崎
105 平成28年
9月26日(月)
頭頸部癌 PET vs 計画的頸部郭 PET-CT Surveillance versus Neck Dissection
in Advanced Head and Neck Cancer
N Engl J Med 2016; 374:1444-1454
荒井 岡本
106 平成28年
10月17日(月)
苦痛緩和のための持続的鎮静 Effect of continuous deep sedation on survival
in patients with advanced cancer (J-Proval).
Maeda I, et al. Lancet Oncology 2016; 17: 115-22
樋口 許山
107 平成28年
10月31日(月)
前立腺癌に対しての手術療法の位置づけ
ロボット手術とオープン手術との比較
Robotic-assisted laparoscopic prostatectomy
versus open radical retropubic prostatectomy:
early outcomes from a randomized controlled
phase 3 study.
吉田 後藤
横山
108 平成28年
11月14日(月)
Dexmedetomidine、術後せん妄予防 Lancet 2016; 388: 1893-1902 今井松 久米
109 平成28年
11月28日(月)
重篤な腎障害のない患者における、ガドリニウム造影剤脳沈着 Radiology :Volume 276 Number-1 July 2015
Gadolinium-based Contrast Agent Accumulates
in theBrain Even in Subjects without
Severe Renal Dysfunction:
河西 遠山
110 平成28年
12月12日(月)
新しいICDの開発と臨床導入
-皮下植込み型除細動器システム-
Subcutaneous Implantable Cardioverter-Defibrillator (SICD)
An Entirely Subcutaneous Implantable
Cardioverter-Defibrillator
N Engl J Med 2010; 363: 36-44
朝比奈 佐野
111 平成29年
1月16日(月)
大腸癌スクリーニング
Multitarget Stool DNA Testing
Multitarget Stool DNA Testing for
Colorectal-Cancer Screening
The New England Journal of Medicine.
370(14):1287-1297
高橋 原井
112 平成29年
1月30日(月)
大急性腎盂腎炎、治療期間 Lancet 2012; 380: 484-90 伊藤 三河
113 平成29年
2月13日(月)
狭心症治療(非保護左主幹部病変)
PCI vs. CABG
Lancet 2016; 388: 2743-52 河西 中島
114 平成29年
2月27日(月)
"抜管後酸素療法に
Nasal High Flowは有用か?"
JAMA 2016; 315: 1354-61 神宮寺 小林
115 平成29年
5月15日(月)
心不全、ARNI N Engl J Med 2014; 371: 993-1004 秋山 清水
116 平成29年
5月22日(月)
Latanoprost、緑内障 Lancet 2015; 385: 1295?304 リュウ 阿部
117 平成29年
6月12日(月)
急性虫垂炎、手術vs抗生剤 N Engl J Med 2015; 372:1937-1943
Acute Appendicitis -
Appendectomy or the “Antibiotics First”
StrategyDavid R. Flum, M.D., M.P.H.
田中 山本
118 平成29年
6月26日(月)
熱傷 Enzymatic debridement A novel rapid and selective enzymatic debridement agent
for burn wound management: A multi-center RCT
Burns 2014; 40: 466-74
長田 清水
119 平成29年
7月10日(月)
若年性心臓突然死、遺伝子診断 N Engl J Med 2016; 374:2441-52
A Prospective study of Sudden Cardiac Death among
Children and Young Adults.
谷川 星合   @
120 平成29年
7月24日(月)
肝切除、 腹腔鏡下 VS 開腹下 Ann Surg 2016;264:612-620.
Pure Laparoscopic Hepatectomy Versus Open Hepatectomy
for Hepatocellular Carcinoma in 110 Patients With Liver Cirrhosis:
A Propensity Analysis at a Single Center TT Cheung et al.
塩原 飯室
121 平成29年
8月7日(月)
進行性肝がん、Nivolumab Lancet 2017; 389: 2492-502 佐野 高岡
122 平成29年
8月28日(月)
進開放骨折 初期治療 N Engl J Med 2015;373:2629-41
A trial of wound irrigation in the
initial management of open fracture
後藤 西嶋
123 平成29年
9月11日(月)
骨髄腫・RVD療法・自家移植 Lenalidomide, bortezomib, and dexamethasone
with transplantation for myeloma.
New England Journal of Medicine 2017; 376(14): 1311-20.
高見澤 山本
124 平成29年
9月25日(月)
AKI、腎代替療法、導入時期 N Engl J Med 2016; 375:122-33
Initiation Strategies for Renal-Replacement
Therapy in the Intensive Care Unit
天野 柳沢
125 平成29年
10月16日(月)
トピック:サイトメガロウイルス、 バルガンシクロビル N Engl J Med 2015; 372:933-943.
Valganciclovir for Symptomatic Congenital Cytomegalovirus Disease
David W. Kimberlin, M.D. et al.
吉原 長谷部
126 平成29年
10月30日(月)
アスピリン、予防投与、妊娠高血圧腎症 N Engl J Med 2017; 377: 613-22 須波