新任者紹介


1A病棟
加藤麻奈美さん
 北病院に異動して2ヶ月が経ちました。明るく、楽しく、穏やかな環境の中で働くことができています。 私が勤務する急性期病棟では、日々変化する病状に戸惑い、患者さんへどんな言葉を掛けて良いか悩むこともあります。 でもそんな時は、先輩の看護を見て学んだり、助言や励ましをもらっています。また限られた時間の中で、退院へ向けた支援が必要です。 患者さんと家族の思いが近付き、納得する意思決定の上で退院ができるような看護をしたいと思います。


1A病棟
佐野一範さん
 4月より1A病棟へ配属となりました。以前から精神科看護には興味を持っていました。異動して2ヶ月経ちますが、 他のスタッフに助けられながらも、充実した日々を過ごしています。その人らしい生活を地域社会で送る手助けができるよう、 これから頑張っていきたいと思います。


1B病棟
澤登昌美さん
 4月より中央病院から異動となり、1B病棟の看護師長として勤務しています。初めての精神科看護ではありますが、 どの科であっても、患者・家族と向き合い、思いに寄り添った個別性のある質の高い看護を目指すことには変わりはないと思います。 管理者として、効果的なマネジメントで自部署の活性化につなげ、スタッフが自ら頑張ろうと思える病棟づくりを目指したいと考えています。 まだまだ管理者として未熟者ではありますが、日々自己研鑽し、医師をはじめ多職種と協働し頑張っていきたいと思います。


1C病棟
窪田順子さん
 北病院に異動して2ヶ月が経ちました。スタッフの専門性の高さに驚き、常に向上心を持ち、自信を持って看護している姿を羨ましく感じました。 この恵まれた環境の中で学びを深め、私自身も少しずつ成長していきたいと考えています。


1C病棟
矢崎優也さん
 精神科への異動は初めてで、戸惑うことが沢山あります。しかし病棟には専門性、患者さんの小さな変化を見逃さない洞察力、看護に対する情熱をもった先輩方が沢山います。 そのような先輩方に助言をもらい、安心して働いています。1日も早く先輩方に追いつき、自分らしい看護ができるように頑張っていきたいです。

2C病棟
渡辺留奈さん
 4月から2C病棟で勤務しており、広さと明るさが印象的な病棟です。慣れないことが多く、緊張の毎日ですが、患者さんや先輩方から日々多くのことを学んでいます。 精神看護の知識や経験だけでなく、人間性も深めながら、患者さんや家族の心に寄り添って看護を提供できるようになりたいです。 また、その人らしい生活ができる支援を目指して、自己研鑽していきたいと考えています。

ページの先頭に戻る