妊娠と薬外来

妊娠と薬外来について

厚生労働省は2005年10月国立成育医療研究センター内に「妊娠と薬情報センター」を設置し、薬の内服が胎児へ与える影響について、最新の情報を収集・評価し相談に応じる事業を実施しています。
  当院は2017年4月より「妊娠と薬情報センターの拠点病院」に指定され、「妊娠と薬外来」を開設いたしました。

※事業についての詳細は国立成育医療研究センター「妊娠と薬情報センター」(http://www.ncchd.go.jp/kusuri/index.html)のページをご確認ください。

相談内容

  • 妊娠しているとわからず薬を飲んでしまったけど、赤ちゃんへの影響はあるのかしら?
  • 持病でお薬を飲んでいるけれど、このまま妊娠して赤ちゃんに何か影響はあるのかしら?

などの妊娠と薬の心配事に応えるために、妊娠中の薬剤使用の影響について医師・薬剤師が最新の情報をもとにお答えします。

相談日・相談に要する時間及び費用


  • 外来相談日:毎週木曜日(祝日は除く)
  • 時間          :14:00〜15:00(要予約)
  • 費用          :10,800円(税込、自費診療)

申込から予約、相談までの流れ

当院での相談は、国の妊娠と薬情報センター事業の一環として受け付けているため、 まずは、妊娠と薬情報センターへの申し込み手続きが必要となります。

1.問診票・相談依頼書の準備
  • 国立成育医療研究センター「妊娠と薬情報センター」(http://www.ncchd.go.jp/kusuri/index.html)にアクセスして、

    ダウンロード画面
    「問診票(相談者が記入)・相談依頼書(主治医が記入)」をダウンロードし、必要事項を記入してください。
    ※「相談依頼書」は主治医がいる方だけ必要になります。

  • 2.問診票・相談依頼書、返信用封筒を「妊娠と薬情報センター」に郵送

  • 必要事項を記載した「問診票・相談依頼書」と「返信用封筒」を「国立成育医療研究センター内 妊娠と薬情報センター」に郵送し、連絡をお待ちください。

    郵送先:〒157-8535
                東京都世田谷区大蔵2-10-1
                国立成育医療研究センター内 妊娠と薬情報センター

  • 3.「妊娠と薬情報センター」から「相談方法のお知らせ」が届きます

  • 申し込みから1週間程度で
    「山梨県立中央病院 妊娠と薬外来に○月○日以降の予約をしてください」 という案内が郵送されます。
    案内に記載されている予約受付に電話し、「妊娠と薬情報センター」から連絡があったことを伝えて、指定日以降の日付で当院の予約をとってください。

問い合わせ

ご不明な点は下記までお問い合わせください。

国立成育医療研究センター内「妊娠と薬情報センター」
電話:03-5494-7845
受付時間:月曜〜金曜(祝日を除く)10:00〜12:00 13:00〜16:00