メニュを開く メニュ
文字サイズ 標準

県民に伝えたい医療最前線

県民に伝えたい医療最前線のご案内

平成22年4月に地方独立行政法人山梨県立病院機構の一病院として生まれ変わった山梨県立中央病院は、県民の皆さまに向けて、現在の医療水準・最新の治療法等について広く情報提供し、より健康で豊かな生活が送れるよう、「県民に分かっていただけるセミナー」をモットーに、公開講座を開催しております。

○ 第49回県民に伝えたい医療最前線

テーマ 災害医療 ー山梨の災害に備えるー
講演概要

日々健康な生活をめざして過ごすなか、突然襲ってくる災害。
近年の気候変動に伴い風水害、停電等による生活機能の麻痺などが
いつ起きても不思議ではありません。
本講座では災害医療をテーマに、山梨で起きうる災害と
その備えについてお話しいたします。

総合司会 山梨県立中央病院 副院長 中込 博

<第1部 講演>
基調講演 「わが国の災害医療―あゆみとこれからー」
日本医科大学 高度救命救急センター 教授 横田 裕行

1.地震と水害―熊本地震・長野水害を経験してー
2.富士山噴火、オリンピック(マスギャザリング)
3.令和元年台風15号災害を経験して

<第2部 パネルディスカッション>
司会:小俣 政男(山梨県立病院機構理事長)
パネリスト:横田 裕行 丸山 祝子 井上 潤一 岩瀬 史明

日 時 令和2年2月8日(土)  13:00 ~ 15:30
                 (受付:12:30~)
会 場

山梨県立文学館 講堂
 (山梨県甲府市貢川1丁目5番35号)

対 象 どなたでもご参加いただけます。
定 員 500名程度(事前申込者優先 先着順)
参加費 無料
応募方法

申込用紙にご記入のうえ、電話、郵送、FAX又はEメールでお申込みください。
→ 申込用紙はこちら(PDF)
→ 申込用紙はこちら(Excel)

申込期限 令和2年2月7日(金)
申込み状況により当日参加も可能です。
お申込先 山梨県立中央病院 企画経理課企画経理担当
〒400-8506 甲府市富士見1-1-1
TEL 055-253-7111 FAX 055-253-8011
E-mail gan-renkei@ych.pref.yamanashi.jp

掲載内容に関するお問い合わせ

地方独立行政法人山梨県立中央病院

企画経理課

電話番号
055-253-7111(代)

ページの
先頭に戻る