メニュを開く メニュ
文字サイズ 標準

理念・方針・目標

看護部の理念

当院の役割と使命を自覚し、患者さん中心の質の高い信頼される看護を提供します。

看護部の方針

  1. 患者さんの個別性を尊重し、ニーズにあった看護を提供します。
  2. 医療スタッフと協働し、チーム医療を推進します。
  3. 患者さんの自立と社会生活支援に努めます。
  4. 組織の一員としての自覚を持ち、病院の経営に積極的に参画します。
  5. 専門職としての資質の向上に努めます。

看護部の目標

1.受け持ち看護師を中心にすべての患者に良質な看護を提供する
 1)ストレングスモデルを活用した看護実践を行う
    目標値:ストレングスモデルを活用した看護実践の記録  100%実施

 2)クライシスプラン(危機対応)について理解し、受け持ち患者に展開する
    目標値:受け持ち患者に対し2例以上活用する

2.働きやすい職場環境作りに取り組む
 1)看護助手との協働を推進する
    目標値:看護助手の満足度が上昇を得る

 2)アサーティブなコミュニケーションを行う
    目標値:看護師職務満足度調査、I項目「看護職員相互の影響について」の
        すべての項目が昨年度よりアップする
        新卒看護師の離職 0人

3.看護の質の向上を図る
 1)倫理感性を高める
    目標値:多職種による倫理カンファレンスを各病棟で5例開催する

 2)各部署で看護研究に取り組み、現場に活かす
    目標値:2題以上の研究に取り組み、発表する

 3)メンタル・ステータス・イグザミネーション(MSE)を活用しアセスメント能力の
   向上を図る
    目標値:委員会主催の事例検討会に一人2回以上参加する

4.病院経営に参画する
 1)多職種と協働し、入院患者の1年以内の退院促進を図る
    目標値:新たに1年を超える患者 4人以下/全体 (H30年度 5人)

 2)退院支援マネジメントフローを活用し退院促進に取り組む
    目標値:退院支援マネジメントフローの活用率   100%

ページの
先頭に戻る