メニュを開く メニュ
文字サイズ 標準

こころの出前講座のご案内

1.趣 旨

 精神疾患を抱える若者の増加や、命の大切さを再認識しなければならない事件が発生する社会状況に鑑み、本県における精神科の基幹病院として、
①精神疾患や精神障害者に対する正しい理解をしてもらうこと
②自らの心の健康について考えてもらうこと
③人の成長発達に関すること
等に対する、正しい理解の啓発活動を実施しています。

2.事業内容

 精神疾患や精神障害者に対する正しい知識や関わり方等を啓発するため、県立北病院の精神科看護師が伺い、出前講座を実施します。講座内容については依頼主様の要望を確認し検討可能で、下記3の例を参考にして下さい。

対象者   県内企業、地域住民、地方自治体、県内小・中・高等学校、各施設等
派遣者   北病院看護師1~2名
実施時間  1時間程度

3.講義内容

例えば・・・
【精神科医療の現状/精神症状と治療】
 1.精神科についてのイメージ/精神科医療の現状
 2.病気にはどんな症状があるか/統合失調症・うつ病
 3.病気の治療と予防

【ストレスマネージメント】
 1.ストレスとは何か・ストレス対処の必要性
 2.対処行動の見つけ方、作り方

【多飲症・水中毒】

【良い睡眠について】

【認知症について】

【窒息の対処/心肺蘇生法】

【危険ドラッグについて】

【児童・思春期の子供への関わり方】

【親子関係について】

4.経費/連絡先

北病院の業務の一環として実施しており、旅費、謝礼金は不要です。

*出前授業は平日日中のみの対応となります。
*令和6年8月以降開催予定の出前授業申し込みは、令和6年4月1日以降から申し込みの受付を開始します(先着順)
*実施予定月の3ヶ月前までにご連絡ください。その際、対象者・対象者数・具体的な講義内容もお伝えください。
*出前授業に使う資料は、事前に依頼主様に原稿をお渡しますので準備をお願いします。

連絡先 山梨県立北病院 看護部
TEL 0551-22-1621  看護部:横森(PHS 1645)

【こころの出前授業】

 精神科に対するイメージは一般に決して良いとは言えません。その結果、受診が遅れてしまい、適時適切な治療が受けられないケースも見受けられます。当院では、一般の方々の精神科に対する理解が少しでも深まればと考え、こころの出前授業を始めました。 この活動を通じ、精神的に苦しんでいる方が一般の診療科と同じように「必要なときに選択するひとつの診療科」として理解し、 受け入れていただけるように活動を続けていきたいと考えています。
【講座風景】

令和4年度

No 開催日 場 所 内 容 講 師
1 9月30日 学校保健委員会事務局
高根東小学校
学童期・思春期の子どもの心の成長と関わり方について
コロナ禍におけるこどもの「うつ症状」の理解と対応
1C病棟
中込 宏
2 11月17日 甲斐市
双葉中学校
薬物乱用防止教室「薬物の乱用について」 1A病棟
一瀬 翔・石水里佳
3 10月14日 甲州市
大和小学校
スマホ・ネットゲーム・SNSとの上手な付き合い方 1C病棟
藤森千晶
4 11月18日 昭和町 高齢者健康教育
おたっしゃ出前授業
看護のプロから教わる 
コロナを乗り切る高齢者のココロと身体づくり
1B病棟 加藤美保
2C病棟 高野雅樹
5 11月21日 昭和町 高齢者健康教育
おたっしゃ出前授業
看護のプロから教わる 
コロナを乗り切る高齢者のココロと身体づくり
1B病棟 加藤美保
2C病棟 高野雅樹
6 12月9日 昭和町 高齢者健康教育
おたっしゃ出前授業
看護のプロから教わる 
コロナを乗り切る高齢者のココロと身体づくり
1B病棟 加藤美保
2C病棟 高野雅樹
7 令和5年1月20日 昭和町 高齢者健康教育
おたっしゃ出前授業
看護のプロから教わる 
コロナを乗り切る高齢者のココロと身体づくり
1B病棟 加藤美保
2C病棟 高野雅樹
8 令和5年3月10日 甲府市
城西高等学校
薬物乱用防止と心のストレス 1A病棟
一瀬 翔

【過去実績】

ページの
先頭に戻る