メニュを開く メニュ
文字サイズ 標準

初期臨床研修プログラム

目的

 本プログラムの目的は、卒後臨床研修を通じて多様化する医療に対応できる人材の育成を行うことです。 指導医のもとで、医師としての人格と見識を磨き、将来専門とする分野に限らず、日常診療で頻繁に遭遇する Common Disease に適切に対応できるよう、プライマリケアの基本的な診療能力(態度、技能、知識)を身につけることを目的としています。

特徴

 当院は、1973年より46年の長きにわたり、臨床研修指定病院として研修教育を行ってきました。 その経験を踏まえて、本プログラムは厚生労働省の「臨床研修の到達目標」を達成できるように計画されています。 各科とも症例は豊富で、症例検討会、抄読会も活発に行われています。 他科との交流も円滑であり、多くの指導医の指導を受けながら、プライマリケアに対応できる診療能力を習得することが可能です。

 指導は各科ともにマンツーマンで行われますが、指導医、後期研修医、上級臨床研修医による手厚い指導、すなわち重層屋根瓦方式が確立しています。 臨床研修終了時には各科の認定医、専門医の受験資格の一部を満たすことができます。

 救急医療体制は整備されており、研修医は指導医とともに二次・三次救急に積極的に参加します。 BLS や ACLS のコースも院内で定期的に開催されており、研修期間中に国際レベルの資格を得ることが可能です。

初期研修医基本理念

1 研修医基本理念
  すべての研修医が確かな知識と医療技術を礎に成長を続け、患者に信頼され安心を与え、自信をもって医療を行うことができる医師に育つ。

2 研修目標と基本方針
  “5つの基本方針が私たちの初期臨床研修を支える”

1) 基本的な手技・知識・問題解決能力を身に着ける
  ① 2次救急、病棟、外来での基本医療を習得する。
  ② 症例提示(presentation)能力を習得する。

2) Professionalな医師を目指す
  ① 患者の目線に立つ。患者の尊厳を大切にする。
  ② 疾患ではなく患者を治療する。

3) コミュニケーション能力を身に着ける
  ① 患者・患者家族とのコミュニケーション能力を身に着ける。
  ② 多職種とのコラボレーション能力を身に着ける。

4) 山梨の医療を考える
  ① 中核病院が地域医療機関と連携する形を学ぶ。
  ② 医療の社会的役割を理解する。

5) 学術的探求と臨床研究能力を習得する
  ① 症例報告と学会発表を習得する。
  ② 臨床研究を経験する。

理事長からのメッセージ

理事長

 

山梨県立病院機構理事長
東京大学名誉教授
小俣 政男

重層屋根瓦方式 “Touch First but Protected”

Touch First

 どのように患者さんが来るかわからない状況に投げ込まれ、医師として動じず冷静に診療するというトレーニングをまず行う必要がある。 ある年の8月の救急には、子どもの発熱、盲腸炎、過換気症候群、自殺企図、急性腹症、気管支炎、高血圧症、インフルエンザ、胃潰瘍、心筋梗塞、虫刺され、 腸閉塞、めまい、前立腺肥大など多岐に渡る患者さんが来る、まさに暑い夏です。この多様性を1年間経験し自ら対応できるように努める、と同時に、来るべき 1年生の “Senior” としての役割を果たす。 それこそ屋根瓦方式です。

Protected

 しかし、ただそのExposureに諸君を投げ出すわけではありません。そこで機能するのが、 “重層屋根瓦方式”です。臨床に身をおいて10~30年のベテラン、さらには救命救急センターの心肺停止から蘇生を行うチームまで、幾層にも多くの専門医 が後ろに控えています。初動の対応を、研修医が安全に行えるシステムがすでに当院にはあります。現在は、臨床研修 (1年、2年) 35名が研修に励んでいます。

後期研修に向け

 自身、27歳 (45年前) で米国Matching Programに応募、渡米し6年間の米国体験を有する。その実体験から、これからの、卒後研修の真価が問われるのは実は「後期研修」ではないかと考えます。
   若き医師の多様な願望に答える為、「後期研修」期間には特に、研修の幅に “Spectrum” を持たせる必要があります。 “First Touch”から、専門医の取得、更に当院で蓄積された臨床データのPublication或いは海外留学など、専門性のある後期トレーニングの質改善に 努め、毎年30名程度 (卒後3 – 5年) が研修に励んでいます。この1年の学会発表は400回以上、当院発の英文論文も30数編に及びます。(H30年5月 年報44巻より)

人生は一度、しかも最初の五年

医師になってからの最初の数年間がその後の成長にいかに大切な時期であるかを、49年間臨床に携わった今でも実感しています。
   意欲あふれる皆さんが当院の研修に参加されたあかつきには、全職員一致団結して将来の日本の医療を担う人材の育成に努めることをお約束いたします。

院長からのメッセージ

 

院長
平賀 幸弘

 医学生の皆さん、専攻医を希望される先生方、長い医道への離陸の第1歩を当院で開始されては如何でしょうか?

 当院は、明治9年5月に開院して以来144年間を県病院・県立中央病院として県民の皆様の健康、生命を守る山梨県の医療の最後の砦として、主として高度急性期・急性期医療を担ってまいりました。さらに、より効率的な経営形態を獲得する目的で、平成22年4月に地方独行政法人に移行いたし、現在640床となっております。

 また、救命救急センター、総合周産期母子医療センターを設立し、救急医療や周産期医療の充実を図った結果、ドクターカーやドクターヘリの導入とともに年間10,000件に及ぶ二次、三次救急診療や、700件を超える分娩を行っております。

 さらに、がん医療においては「都道府県がん診療連携拠点病院」に指定されたうえに、緩和病棟の充実や、9,000件に及ぶ放射線治療に加え、通院加療がんセンター、ゲノム解析センター、がん支援センターも併設しました。手術支援ロボット“ダヴィンチXi”を導入し、十分ながん診療を間断なく行うことが出来る体制が整っております。平成27年には全国に150余りの「DPC医療機関特定病院群」(大学病院分院に準じた診療と機能を有する病院)に指定され、令和元年には「身体精神合併症病床」を院内に設立いたしました。これらの、診療設備の拡充や高度な診療実績、職員の健康への配慮などが評価され、全国で43病院しか認められていない「総合入院体制加算1」が認定されました。

 既存の30診療科に、新たに総合診療科・感染症科が加わり、ベテラン、精鋭医師、若手医師を揃えて、日々研鑽を積み高度で良質な医療を実践しております。

 山梨県はわずか80万余の人口の小さな県ですが、症例は豊富であり、上述の救急医療はもとより、一般診療、希少疾患も多科にわたって偏りなく経験できることが当院の特徴です。200余の医師を含む1,300名の職員全てが、皆さんと心を一にして笑顔ある診療を行い、さらに皆さんから熱意や新たな息吹を頂くことを願っております。

 輝く目をして、真摯に、意欲的に、研修に取り組む皆さんの応募を、心よりお待ちしております。

臨床研修プログラム責任者のコメント

研修責任者2

 

 

教育研修センター統括部長
飯室 勇二

 当院の特徴は、地域中核病院としての救急医療と各分野での最先端医療の提供、及びそれらを支える教育及び学術活動、の両立にあります。

【救急医療】
  ドクターヘリとドクターカーを駆使し、山梨県全域をカバーする医療圏の3次救急と週2回の2次救急当番を行っています。1年 次・2年次・中堅医師・上級医が重層屋根瓦方式で初期対応を行っており、当院プログラムに参加していただければ基本的医療技術を安全・確実に習得できま す。
【教育・学術活動】
  医師になってからの数年間が、その後の医師としての成長にいかに大切な時期であるかは、誰もが認めるところです。上級 医、中堅医師からの指導はもちろんですが、若き先輩医師たちによるマンツーマン指導により、きめ細かい教育を行っています。また、皆さんの今後の活躍の裏 づけとなる学術活動にも、臨床研修の時期から積極的に参加していただきます。

 まずは、当院へ一度見学に来てください。若き医師たちが生き生きと躍動している姿を目の当たりにすることが出来ます。首都圏に隣接しつつ、自然あふれる山梨の地で、よき仲間と自分を高めていく、そんな研修に参加してみませんか。

研修医のコメント

 研修医 岡 知美(令和2年度 一年次研修医)

 未曽有の事態の最中、マッチングに関しても不安が多いかと思います。医学生のみなさんにとって少しでも参考になるように、当院での研修についてお伝えします。

 まず私が当院を選んだ理由ですが、決め手となったのは2次救急の見学でした。研修医の先輩方が主体となって診察や検査、鑑別までしていたのがとても印象的で、その姿が研修医としての目標になりました。4月から研修を始め、実際に2次救急で働いてみて、研修医が積極的に動いている姿や上級医の先生がそれをサポートしてくださる様子に、改めてここを選んでよかったという気持ちになりました。

 まだ働き始めたばかりでわからないことばかりですが、先生方やコメディカルの方々の優しい歓迎に助けられています。先生方の手厚い指導のおかげで積極的に医療に参加できますし、医師以外の病棟スタッフの方々とも密に連絡を取り合って患者さんの情報を共有することで、安心して検査や治療ができます。

 このように恵まれた環境で働く中で少しずつですが成長を実感し、充実した日々を過ごしています。みなさんもぜひ見学に来てみてください。来年一緒に働けることを心待ちにしています。

 

 研修医 上村 浩貴(令和2年度 一年次研修医) 

 僕は山梨にルーツがありません。関西育ちで、震災の年の夏に現地に行ったのがきっかけで医師を志し、東北で医学を修めました。引っ越した実家のある関東近辺で、災害医療に携わるという最終的な目標に向けて自分の成長出来る病院を探していました。

 色々な病院の救命救急センターを見学しましたが、1番重症患者さんが多数来院していたのが当院でした。実際に最初のローテ科で救急を回って実感していますが、当院は本県唯一の三次救急施設で、県内の重傷患者さんは基本的に全て受け入れていますので必然的に症例数は多くなります。まだひよっ子研修医なので重傷の患者さんが運ばれて来る時は怖くて身震いすることも有るのですが、落ち着いて周囲を見渡すと熟練したスタッフの方々ばかりなので安心して診療に参加する事が出来ます。

 当院の1番の特徴は「研修医にファーストタッチさせる」配慮が行き届いている事だと思います。例えば二次救急では上級医の先生のご監督のもと研修医が主体的に診察し検査や治療を考えていますし、病棟の患者さんに変化があった時はまず研修医に連絡が来ます。もちろん怖さは有りますが、限られた時間で自分なりに考察して上級医の先生に相談するのは良い訓練になると実感しています。今は出来ない事があると自信を無くすことも多いですが、2年目の先輩の姿を見ると「ここまで成長出来るのか」とワクワクしますし、他科を回る同期も充実した研修を送っているようで、これからのローテ科も非常に楽しみです。

 また、山梨の人達は皆さん富士山のように器が大きく、僕のようなよそ者を快く受け入れる気概があるように感じます。

 自分に合う研修病院を探すには、沢山見学に行くしか無いと思います。そのリストに当院を加えて頂ければ幸いです。

 

 研修医 飯田 早織 (令和2年度 二年次研修医)

 医学生の方は臨床研修をどこで行うか悩んでいるかもしれません。特に今年はコロナウイルスにより実習や見学の機会が少なく、また先輩に直接話を聞くのも難しい一年になってしまいました。私は自身が当院を選んだ理由と一年を通して感じたことをお話しします。
 

 私が当院を選んだ最大の理由は救急対応ができる医師になりたいという思いがあったからです。当院は山梨県唯一の高度救命救急センターがあります。そこへ日々様々な重症患者さんが搬送されてきます。救命科ではそういった患者さんの初期対応や全身管理を学ぶことができました。最初は勝手がわからずただただ圧倒される現場でしたが、次第に自主的に行動できるようになりました。将来どの科を選択するにせよ、救急事態に対応できる能力をみにつけることは今後の人生に大いに役に立つと思います。
 

 また当院は二次救急を担当する病院でもあります。二次救急ではより自主的に患者さんを診ることができます。自身で問診を行い、検査をオーダーし、鑑別を考えます。二次救急では軽症から重症まで幅広い患者さんが入り混じっています。そんな中ファーストタッチで判断することは緊張しますがとてもよい経験が積めます。勿論一人では対応しきれないこともありますが、傍に上級医がいるのですぐに相談することができます。
 

 現在なかなか見学へ行くことが難しいかもしれませんが、もし興味があればぜひ一度見学にいらしてほしいと思います。皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

 

 研修医 茂原 克行(令和2年度 二年次研修医)

 山梨県立中央病院での1年間の研修を終えて実感した当院の魅力をお伝えします。

 当院は国内に15施設ある市中病院の高度救命救急センターの1つであり、年間約2000人の三次救急患者が搬送されてきます。交通外傷、中毒、熱傷や様々な病態の内因性疾患まで幅広く症例を経験することができます。初期研修においても三次救急のような重症患者の診療を経験することは病棟研修とは違った学びが多くあります。また、二次救急では初期研修医がfirst touchを行い、軽症から重症まで様々な症例を経験できます。問診から始まり、身体診察、検査、治療まで研修医が主体的に診療にあたることができます。もちろん、上級医に相談し、フィードバックを受けることもできます。このような経験ができる当院の二次救急は、研修医にとって診療能力を大きく向上させることのできる場です。

 内科研修では、当院は県内最大の市中病院のためそれぞれの診療科でcommon diseaseから稀な疾患まで豊富な症例を経験することができます。また、経験できる手技としては心臓カテーテル、上部消化管内視鏡、気管支鏡など様々なものがあります。

 外科研修の特徴としてはLearning by Doingで研修を行えます。術前・術後管理から始まり、執刀まで行います。実際、自分で行うと手術を見る視点が変わり、先生方の手術手技からより多くを学ぶことができます。

 ローテイトを選択できる期間も長く、自分に合った研修が行えると思います。当院の研修に興味がある方はぜひ見学にお越しください。

臨床研修プログラムの紹介

総合研修プログラム
 

 

【プログラムの基本的な考え方】

  • 自由度が非常に高く、様々なニーズに対応できます。

  • 2年時の8週目までに必修科目を研修して基礎を固め、2年次の9週目からは自由度の高い研修プログラムを自分で組み立てることが出来ます。

【必修科目について】

  • 内科研修では、内科詳細科(群)の5つ(「循環器・糖尿病内分泌」、「呼吸器」、「消化器」、「腎臓・リウマチ・膠原病」、「総合診療・感染症」)のうちから3つを選択し、それぞれを8週研修します。※一部の詳細科(群)に希望が集中した場合は、調整となります。

  • 救急科研修では、高度救命救急センターにて三次救急を8週間研修します。勤務はシフト制ですので、無理なく研修することが可能です。
  • 2020年度からの臨床研修制度見直しに伴い、「外科」、「小児科」、「産婦人科」、「精神科」を4週間ずつ研修します。「精神科」のみ精神科専門病院である県立北病院での研修となります。

  • 麻酔科研修は、4週間の必須とします。救急科と連続して研修することにより、気管挿管等の知識・技術をマスターできます。
  • 地域医療研修は4週間の必修とし、9の地域医療拠点病院から選択します。
    ※2年次の9週目以降の研修となります。
  • 新たに必修となる一般外来研修は、2年次に行います。院内では一般外来の指導医の下で継続的な診察を経験し、院外では主に地域医療研修施設にて外来研修します。トライアル中ですので変更の可能性有。

 [地域医療研修病院]
  上野原市立病院、大月市立中央病院、峡南医療センター市川三郷病院、 峡南医療センター富士川病院、組合立飯富病院、都留市立病院、北杜市立甲陽病院、北杜市立塩川病院、山梨市立牧丘病院

【選択診療科について】

  • 104週(2年間)のうち、48週間を自由に選択できます。
    (但し、4週ごとの研修を原則とします。)

  • 神経内科、保健・医療行政、リハビリテーション、予防医学、精神科は他施設で研修します。
  • 選択科としての内科研修は、上記5つの詳細科群での研修(病棟ごとの研修)、各詳細科ごとの研修のどちらでも選べます。

小児科重点プログラム

  • 小児科を重点的に研修できるプログラムです。小児科・小児外科・新生児内科を優先的に研修できます。

  • 小児科重点プログラムのみ、山梨大学小児科で研修が可能です。
  • 他科での小児科症例についても研修できます。

産婦人科重点プログラム

  • 産婦人科を重点的に研修できるプログラムです。

【週間】 (例)消化器内科

 
午前 消化管カンファレンス 肝胆膵カンファレンス 全体カンファレンス    
上部消化管内視鏡検査 上部消化管内視鏡検査 肝生検、上部消化管内視鏡検査 上部下部消化管内視鏡検査、血管造影 上部下部消化管内視鏡検査
午後 下部消化管内視鏡検査 下部消化管内視鏡検査 ESD ERCP
胆道系処置
下部消化管内視鏡検査 下部消化管内視鏡検査
肝生検カンファレンス、Medical Surgical Ground Rounds 総合キャンサーボード      
※病棟診療に加えて、上記を実施

【夜間】 (救急)

回数 約3回 / 月
研修体制 指導医のもと研修を行う
研修時間 17時15分~翌8時30分
翌日勤務 あり(ただし、二次救急の当番日に研修を行った場合は翌日休み)

臨床研修のためのミーティング

 臨床研修においては、個々の研修医が個々の入院症例の担当医として診療することにウエイトが置かれますが、研修医が定期的に集合してミーティングを持つことも大切な要素です。

 当院では、各診療科カンファレンスや臨床病理検討会(CPC)のほか、MSGR(Medical Surgical Ground Rounds)という独創的な学術集会や各種キャンサーボードが開かれ、様々な学びの場が用意されています。 さらには、以下の研修医のためのミーティングも行っています。

「ピンポイント・ミニレクチャー」

第1・第3木曜日の早朝
各診療科の若手医師が、持ち回りで、臨床研修に必要な一点を講義します。
○ 講義内容(例)

  • 大動脈解離の救急(心臓血管外科)
  • 狭心症・心筋梗塞への初期対応(循環器内科)
  • 高血糖・低血糖に対する応急処置(内分泌内科)
  • 脱臼の徒手整復法(整形外科)

・・・

「救急経験症例検討会」

第2・第4・第5木曜日の早朝
救急科の指導のもと、救急当直にて経験した症例を振り返ります。
症例検討1 症例検討2

「研修医発表会」

年に4回
院内全体の集会として実施しています。
症例発表会8 症例発表会9

 

研修プログラムの詳細は、以下をご覧ください。
 令和2年度山梨県立中央病院初期臨床研修プログラム

過去3年間の研修医出身大学

・山梨大学    ・自治医科大学  ・東京慈恵会医科大学  ・慶應義塾大学  ・杏林大学         ・東邦大学    ・東北大学    ・秋田大学       ・群馬大学    ・札幌医科大学       ・金沢医科大学  ・埼玉医科大学  ・昭和医科大学

当院の新専門医制度

→ 新専門医制度専門研修プログラム

国等認定・指定施設

研修風景7

  • 臨床研修指定病院
  • 高度救命救急センター
  • 救急告示病院
  • 総合周産期母子医療センター
  • 都道府県がん診療連携拠点病院
  • エイズ治療中核拠点病院
  • 難病医療拠点病院
  • 日本医療機能評価機構認定病院
  • 第一種感染症指定病院
  • 基幹災害医療センター
  • 臓器提供施設
  • 指定自立支援医療機関(育成医療・更正医療)
  • 国立大学医学部等関連教育病院(山梨大学)
  • 外国医師臨床研修指定病院

学会認定・指定施設

研修風景8研修風景9

  • 日本内科学会内科専門医教育施設
  • 日本呼吸器学会認定施設
  • 日本消化器学会指導施設
  • 日本消化器内視鏡学会指導施設
  • 日本内分泌学会認定教育施設
  • 日本血液学会研修施設
  • 日本臍帯血バンクネットワーク登録移植医療機関
  • 日本循環器学会認定循環器研修施設
  • 日本腎臓学会研修指定施設
  • 日本透析医学会研修認定施設
  • 日本リウマチ学会教育施設
  • 日本神経学会認定教育関連施設
  • 日本小児科学会専門医研修施設
  • 日本小児循環器学会専門医修練施設
  • 日本皮膚科学会認定専門医研修施設
  • 日本外科学会認定医修練施設
  • 日本消化器外科学会認定医修練施設
  • 日本消化器外科学会専門医修練施設
  • 日本乳癌学会認定施設
  • 日本胸部外科学会認定医認定制度指定施設
  • 心臓血管外科専門医認定機構基幹施設
  • 日本整形外科学会認定研修施設
  • 日本形成外科学会教育関連施設
  • 日本脳神経外科学会認定医訓練施設-A項
  • 日本小児外科学会認定施設
  • 日本周産期・新生児医学会 新生児認定基幹施設
  • 日本周産期・新生児医学会 母体・胎児認定基幹施設
  • 日本泌尿器科学会専門医研修施設
  • 日本産婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設
  • 日本眼科学会専門医制度認定研修施設
  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医認定研修施設
  • 日本麻酔学会麻酔指導病院
  • 日本医学放射線学会放射線科専門医修練施設
  • 日本核医学会教育認定施設
  • 日本救急医学会救急科専門医指定施設
  • 日本救急医学会指導医指定施設
  • 日本熱傷学会熱傷専門医研修認定施設
  • 日本病理学会認定病院B
  • 日本臨床病床理学会認定研修施設

研修プログラムの報告

医師臨床研修に関する報告資料は下記のとおりです。

① 研修プログラム
② 様式10(年次報告書)
③ 様式10別表(病院群の構成等)
④ 様式10別紙1(研修管理委員会の構成員及び開催回数)
⑤ 様式10別紙2(診療科ごとの患者数、研修医数)
⑥ 様式10別紙3(プログラム概要)
          ・総合研修プログラム
    ・小児科重点プログラム
    ・産婦人科重点プログラム
⑦ 様式10別紙4(指導医名簿)

掲載内容に関するお問い合わせ

地方独立行政法人山梨県立中央病院

教育研修センター

電話番号
055-253-7111(代)

ページの
先頭に戻る