メニュを開く メニュ
文字サイズ 標準

アルコール依存症治療

1.アルコール依存症とは

 お酒の飲み方を自分でコントロール出来なくなった状態です。その影響で、心や体の調子を崩して、日常生活に支障を来たします。

2.アルコール依存症リハビリテーションプログラム(ARP)とは

 アルコール依存症の患者さんが、3ヶ月入院しながら受ける、専門治療プログラムです。

  AM PM 備考
作業療法 月曜教室 第3週:昭和AA(夜)
作業療法 メンバーミーティング  
TOT 水曜教室  
NPワーク ミニ強歩orスポーツ
    orテキスト読み合わせ
第4週:韮崎AA(夜)
TOT 作業療法 第2・4週:医学講義(AM)
第3週:強歩
第2・4週:家族教室(PM)
自己学習 自己学習  
自己学習 自己学習 第3週:AAメッセージ

   写真(多くのプログラムは作業室で)

1)TOT

 作業療法士が中心で担当します。
 脳機能回復トレーニング:アルコールの影響で低下した認知機能を、トレーニングで回復を目指します。
 認知行動療法:GTMACKという資料に沿って、アルコールの向き合い方を学び、今後の生活を考えます。

 

2)NPワーク

 看護師が中心で担当します。
 TOTと同じく脳機能回復トレーニング、認知行動療法を学びます。

 

3)作業療法

 看護師が担当します。
 農作業や工作作業を通して、生活習慣の改善や他者との協調性を養います。


   写真(農作業をする中庭)

4)メンバーミーティング

 患者さんのみのミーティングです。お互いのアルコール体験を聞き合い、これからの生き方を考えます。

 

5)月曜教室

 心理士が講師を担当して、アルコール依存症の正しい知識、ストレスの対処法などを学びます。

 

6)水曜教室

 入院患者さんと外来患者さんが参加します。
 テーマを決めて、アルコールに関連した体験や考えを聞き合い、アルコール依存症の捉え方や今後の生き方を考えます。

 日時:毎週水曜日 13:45~15:00 患者食堂
 対象:当院でアルコール依存症治療を受けている入院・外来患者さん。

 

7)強歩・ミニ強歩・スポーツ

 仲間と一緒に行動、達成する喜びを体験します。気分転換や生活イベントの意味もあります。

 

8)テキスト読み合わせ

 「アルコール依存症を知る」のテキストを使って、読み合わせをしながら、自身の生活と重ねて振り返ります。
 テキストは病棟で購入出来ます(1冊1,000円)。

 

9)医学講義

 医師から、アルコール依存症に関連した講義を受けて、様々な知識を学びます。

 

10)家族教室

 ご家族が対象で、アルコール依存症の正しい理解と対応を学びます。

 日時:毎月第2金曜日 15:30~17:00
 対象:当院に通院・入院の有無は問いませんが、事前に外来やソーシャルワーカーへ連絡が必要です。

 

11)AA・AAメッセージ

 AAは院外での自助グループ、AAメッセージは当院開催の自助グループと考えてください。

 

3.アルコール依存症治療ユニット

 対象:アルコール依存症の診断を受け、断酒や節酒の意思があり、当院の医師にARP参加を認められた方。
 期間:入院期間は3ヶ月となります。

 アルコール依存症治療ユニットは、当院唯一の開放病棟です。しかし、安全管理の為、18:30~6:30は玄関が閉鎖されますのでご了承下さい。アルコール依存症治療ユニットへの入院を希望されても、飲酒していた兆候がある場合、一時的に閉鎖病棟へ入院する場合があります。

 

4.アルコール依存症対策モデル事業

 当院は令和2年3月25日付けで、山梨県の「依存症治療拠点機関(アルコール健康障害)」として選定されました。医療機関と自助グループの連携強化の為、パイプ役となる専門職員を病院に配属し、受診後のアルコール依存症の患者さんを自助グループに紹介する等の県のモデル事業を実施しています。

 

5.その他

  • 特別な理由が無い限り、入院後ARPには必ず参加して下さい。
  • 外出や外泊は、入院後1ヵ月からとなります。
  • 入院後は自由度という行動範囲が設定されますので、ご承知下さい。
  • 喫煙は、開錠時間中に喫煙所で可能ですが、病棟内は禁煙です。
  • ARPを希望する外来患者さんが飲酒してきた場合(アルコールチェッカー0.25mg/l以上、またはアルコール臭がある場合)、参加はご遠慮頂きますのでご承知下さい。

ページの
先頭に戻る