小児外科

小児は成人のミニチュアではなく、ひとつひとつの臓器の形態や働きも年齢や発達により大きく異なるため、小児外科では、外科の技術に加え、小児の発達に対する知識や経験が要求されます。 また、患者さんご本人からの訴えが少なく、容態が急激に変化し易いという特徴もあり、きめ細やかな対応が必要です。 当院では昭和52年より小児外科が外科から独立し、昭和62年に山梨県下で最初の日本小児外科学会認定施設として認定されました。 現在は小児外科学会認定指導医、専門医を含む小児外科専任のチームを構成し、早産児・新生児から中学生まで(疾患によっては成人まで)の外科疾患の治療を行っています。

外来は手術日の火曜日全日、金曜日午前中を除き交代で診療しています。 予約優先となっておりますのでご了承ください。 かかりつけ医の紹介状をお持ちいただけると助かります。 緊急の場合は、外来・予約の有無にかかわらず対応いたしますので、職員に声をおかけください。 小児科・産科あるいは他施設からのご相談もお受けしています。 夜間・休日などの時間外も、必要に応じて対応し、安全で専門的な診療を提供できるよう心掛けております。

当科で扱っている主な疾患は下記のようなものです。

1. 日常よく見られる疾患

鼠径ヘルニア(脱腸)、停留精巣、包茎、臍ヘルニア(でべそ)、乳児痔ろう(肛門周囲膿瘍)など

  •  鼠径ヘルニアは2泊3日の入院、全身麻酔による手術が必要になります。 手術法として、鼠径部を切開する手術法(従来法)と、腹腔鏡下手術法があります。 どちらの手術法でも、手術時間は同程度であり、ほぼ同等の安全性が報告されています。 腹腔鏡下手術は、従来から行われている手術と比較すると、傷が小さく反対側の観察と治療が同時にできることが利点です。
     小児の鼠径ヘルニアは先天的な原因で起こっているため、片側の鼠径ヘルニアを起こした人は、 反対側の鼠径ヘルニアを持っていること多く、片側の手術を受けた人たちの大体10人にひとりが、 手術後に反対側の鼠径ヘルニアを発症して2回目の手術が必要になっています。 腹腔鏡下手術では、お腹の中から観察して反対側のヘルニアを診断(写真)し、 必要であれば同時に手術を行うことができるため、2回目の手術が必要になることがなくなります。 手術法は家族の自由意志で選択することができます。
    鼠径ヘルニアあり 鼠径ヘルニアなし
  •  停留精巣は通常6ヵ月以降に2泊3日の入院、全身麻酔による手術で行います。 非常に高位の場合は腹腔鏡を用いたり、二期的手術になる場合もあります。
  •  臍ヘルニアは1歳未満の場合、保存的治療(臍圧迫法)を行い、90%以上で外来通院のみで治癒しています。 1歳以上の症例、臍圧迫法で治らない症例は手術を行っています。 臍ヘルニア1
    臍ヘルニア2 臍ヘルニア3
  •  乳児痔瘻は外来で排膿し、排便コントロールを行い自宅でのケアをお教えしています。 補助療法に漢方薬も取り入れています。

2. 新生児の外科疾患

鎖肛、腸閉鎖症、腸回転異常症、食道閉鎖症、横隔膜ヘルニア、臍帯ヘルニア、腹壁破裂など

  •  院内・院外で出生した外科手術を要する赤ちゃんに対して、NICUで新生児専門医とともに治療を行います。 また、出生前診断された外科疾患についても、新生児科、産科、麻酔科などと検討し、あらかじめご説明した上で治療を受けていただけるような環境作りを目標としています。

3. 消化器疾患

肥厚性幽門狭窄症、胃食道逆流症、虫垂炎、ヒルシュスプルング病、便秘など

  •  嘔吐を来す肥厚性幽門狭窄症は超音波検査で診断、投薬療法か手術療法を行います。 胃食道逆流症は通常X線を用いた造影検査で診断し、必要に応じて内視鏡や機能検査を追加します。 生活指導、服薬を行うことで改善する症例が大部分です。 重症の胃食道逆流症には手術を行います。 経口摂取が難しい場合は胃瘻をおくこともあります。
  •  腹痛で受診された患者さんは、必要に応じ小児科と一緒に診察いたします。 虫垂炎に対しては、すぐに手術を行う場合と、腹膜炎を来しているため 投薬で症状をおさえてから数ヶ月後に腹腔鏡手術を行う場合があります。
  •  排便障害(便秘)で受診されるお子さんが増えています。 X線を用いた造影検査や消化管運動機能検査を行い、ヒルシュスプルング病であれば手術療法に移行します。 慢性便秘症や肛門病変の場合は、投薬や浣腸、坐薬使用などにより、円滑な排便コントロールができるよう管理していきます。

4. 肝臓・胆道・膵臓疾患

胆道拡張症、胆道閉鎖症など

5. 泌尿器 ・ 生殖器疾患

水腎症(腎盂尿管移行部狭窄症、膀胱尿管移行部狭窄症)、膀胱尿管逆流症など

  •  尿道下裂に関しては、専門医にコンサルトし適応を決めています。

6. 腫瘍(良性・悪性)

リンパ管腫、血管腫、神経芽腫、ウィルムス腫瘍、肝芽腫、卵巣腫瘍、悪性リンパ腫など

  •  悪性腫瘍に関しては、小児科と連携して治療しています。

7. 鏡視下手術(腹腔鏡および胸腔鏡手術)

鼠径ヘルニア食道裂孔ヘルニア、縦隔腫瘍、卵巣腫瘍、腫瘍生検、虫垂炎、腹腔内睾丸、漏斗胸(形成外科手術)など

  • 創部が小さいためからだへの侵襲が軽減されます。 腹腔鏡下手術後

8. 二分脊椎症(膀胱直腸障害)

排尿・排便障害に対し、綿密な経過観察を行い、治療を行っています。

診療実績

手術について

定時手術 小児外科専門医(指導医、専門医を含む)が行っております。
緊急手術 麻酔科の協力のもと、時間外でも緊急手術に対応できる体制を整えています。

麻酔について

基本的に全例、全身麻酔で手術を行うため、麻酔科の先生との協力が不可欠です。 専門の麻酔科医が担当します。 手術前に、麻酔科の先生からご家族の方に麻酔についての詳しい説明があります。

診療実績(平成28年度)について

入院総数: 226例
手術総数: 163例(うち新生児手術 13例)

(主な疾患と症例数)
新生児症例 食道閉鎖症 1,腸閉鎖症 2, 先天性横隔膜ヘルニア 2, 鎖肛 1, 臍帯ヘルニア 1  など
乳幼児学童
症例
鼠径ヘルニア 80, 停留精巣(含む移動性精巣) 13, 虫垂炎 11, 臍ヘルニア 10, 肥厚性幽門狭窄症 1,胆道閉鎖症 1, 脾摘 1, 尿道下裂形成術 3, 膀胱尿管逆流症手術 2 など

スタッフ紹介

医師 出身大学 資格等
外科系第二診療
統括副部長
(小児外科科長)

江 村 隆 起
えむら たかき
北海道大学
(平成4年卒)
日本小児外科学会専門医・指導医
日本小児泌尿器科学会認定医
日本外科学会専門医
医学博士
新生児外科部長
(新生児外科科長)
大 矢 知 昇
おおやち のぼる
山梨医科大学
(平成8年卒)
日本小児外科学会専門医・指導医
日本周産期・新生児医学会認定外科医
日本小児泌尿器科学会認定医
日本外科学会専門医・指導医
医学博士
医長
(小児外科副部長)

鈴 木 健 之
すずき たけゆき
山梨医科大学
(平成16年卒)
日本外科学会専門医