メニュを開く メニュ
文字サイズ 標準

渡航・ワクチン外来

 タイ・インドネシアをはじめとする、入国に際してSARS-CoV-2(新型コロナウイルス)RT-PCR検査陰性証明および診断書を必要とする方について(2020/07/03時点)

 当院では上記の方を対象とし、PCR検査を行い「SARS-CoV-2 RT-PCR検査陰性証明書」あるいは「Fit for flight/Fit for work」を英文で作成することができます。
 毎週月、水、金曜日の午前11時から、2枠の「渡航・ワクチン外来初診」がございますので、当院電話予約センターにて、予約をお取りください(ニーズにより受け入れ枠を拡大する場合はあります)。

 RT-PCR検査結果は通常翌日には判明しますので、最短で受診翌日(金曜日受診者は翌月曜日)に証明書の発行が可能です。ただし、検査の状況によっては日数を要する場合がありますのでご了承ください。

○証明書(診断書)発行までの流れ

1)渡航・ワクチン外来初診の予約をお取りください。
2)初診(診察時は以下の事項をお伺いします。事前にご確認ください。)
  ①渡航日 ②渡航先 ③証明書の発行(希望)日 ④証明書(診断書)の指定の有無
  ※指定がある場合、証明書フォーマットをお持ちください(なければ当院所定書式:英文で作成いたします)
3)再診 PCR検体採取・検査実施
4)証明書(診断書)の発行(お渡しは平日午前9時~午後5時に限ります)

 証明書の発行にあたっては、初診・再診費用、検査費用、手技料、証明書発行費用がかかります。費用に関しては、お電話にてお問合せください。

----------------------------------------------

この外来は、渡航にかかわる健康問題
    ・海外にいくのにワクチンを打っておきたい方
    ・抗マラリア薬、下痢症の薬、高山病予防薬などがほしい方
    ・留学時の健康診断書/ワクチン診断書が必要な方
    ・仕事で海外赴任する前に健康アドバイス・ワクチン接種してほしい方
   あるいはワクチンにかかわること
    ・小さいころにワクチンを打ち忘れた
    ・麻疹や風疹などに免疫力があるか知りたい
    ・骨髄移植後、脾臓摘出後ワクチン希望
    ・以前ワクチンを打って副反応があったが、打てるかどうか相談したい
このような方々に対応しております。
当外来は基本的に自費診療です(一部B型肝炎ワクチンや破傷風ワクチンなどに保険適応があります)。

・渡航・ワクチン外来初診
 月、木 11時~12時 初診時相談料 3,102円
 状況の確認、ワクチンスケジュール決めや抗体検査の必要性を検討します。
 初診時にワクチンは打ちません。
・再診
 月、木 それぞれの医師予約枠 9時~11時 再診時相談料 802円
 スケジュールに沿ったワクチン接種、あるいは処方(それぞれ実費)

海外に渡航される方は、渡航6か月前からの受診をお勧めします(ワクチンスケジュールから)
    ・あれば母子手帳
    ・可能なら渡航半年前くらいが目安
    ・詳細な旅行計画
をお持ちください。

ワクチン希望の方は
    ・あれば母子手帳
をお持ちください。

取扱いワクチン一覧

ワクチン名
金額(1回あたり、税込)
A型肝炎ワクチン エイムゲン
6,974円
B型肝炎ワクチン ビームゲン10μg
5,094円
B型肝炎ワクチン ビームゲン5μg
4,834円
インフルエンザワクチン
3,358円
破傷風トキソイド
2,613円
狂犬病ワクチン(国産)
13,155円
日本脳炎ワクチン
6,880円
4種混合ワクチン(DPT-IPV)
10,145円
2種混合ワクチン(DT)
4,825円
麻疹/風疹混合ワクチン(MR)
10,800円
麻疹ワクチン
7,225円
風疹ワクチン
7,236円
水痘ワクチン
7,835円
ムンプス(おたふく)ワクチン
4,906円
2価HPVワクチン サーバリックス
15,162円
13価肺炎球菌ワクチン(プレベナー)
10,805円
23価肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)
7,282円
Hibワクチン(アクトヒブ)
7,439円
不活化ポリオワクチン(IPV)
8,880円
Verorab(輸入狂犬病ワクチン)
10,758円
Typhim Vi(輸入チフスワクチン)
7,458円
Boostrix(輸入T-dapワクチン)
8,118円
Havrix (輸入A型肝炎ワクチン)
11,143円
Twinrix (輸入A型+B型肝炎ワクチン)
11,858円
Encepur(ダニ媒介脳炎ワクチン)※取り寄せ
10,318円

※ ワクチンの納入価に伴い、ワクチンの料金は若干変更になる場合もあります

渡航用薬剤は以下の薬剤になります。
マラリア予防薬:
メファキン(メフロキン)、マラロン(アトバコンプログアニル)
ビブラマイシン(ドキシサイクリン)
旅行者下痢症対策:
ジスロマック(アジスロマイシン)、クラビット(レボフロキサシン)
ロペミン(ロペラミド)
高山病対策:
ダイアモックス(アセタゾラミド)、デカドロン(デキサメタゾン)

以下のリンク先から海外先の情報が入手できます

厚生労働省検疫所 FORTH

外務省 海外安全ホームページ

アメリカCDC Travelers’Health

 

ページの
先頭に戻る