メニュを開く メニュ
文字サイズ 標準

耳鼻咽喉科

  1. 甲状腺腫・癌手術、唾液腺腫瘍手術、他頚部腫瘍、嚢胞などの手術
  2. 頭頚部癌(喉頭癌、下咽頭癌、上咽頭癌、舌癌など)の集学的治療、手術及び即時再建
  3. 内視鏡を用いた慢性副鼻腔炎手術、鼻閉に対する根治的な鼻中隔矯正術・粘膜下下甲介切除術
  4. 慢性扁桃炎や声帯ポリープ手術

耳鼻咽喉科・頭頚部外科全般の手術が可能です。また、めまい・突発性難聴、顔面神経麻痺などの神経疾患、急性扁桃炎・扁桃周囲膿瘍など頭頚部感染症の治療も数多く行っています。

地域の基幹病院として頭頚部癌の治療が4割以上を占めております。抗癌剤・放射線・手術を組み合わせた集学的治療を、他科と綿密な連携を執りながら行っています。 さらに、耳鼻咽喉科疾患領域での最新の技術を用いた治療に取り組めるように努めています。

耳鼻咽喉科・頭頸部外科 quality indicators

1)頭頸部癌
①扁平上皮癌
5年疾患特異的生存率(CSS)
       2010年72.2%, 2014年 73.1% (OR0.948, 95%CI, 0.702~1.280)
2005年以前と2006年以降、ICT+Radiation / CCRT
       3年CSS StageⅢ77.2% / 100%, StageⅣ62.0% / 69.5%
       3年喉頭温存率 T2 79.1% / 100%, T3 39.5% / 92.9%
       3年郭清野制御率(N2) 96.4%(CCRT only)
②甲状腺乳頭癌
       5(10)年疾患特異的生存率 97.9%(96.5%)

2)耳下腺腫瘍
手術時間:当科平均値103.4分(他県某医大の論文より引用136.7~244.3分)
術後顔面神経麻痺の発生 OR1.914, 95%CI, 0.315~11.620
唾液漏の発生率 OR1.511, 95%CI,0.580~3.938

3)慢性扁桃炎
術後出血の頻度(5.6~6.9%)

術後出血の頻度(5.6~6.9%)
(↑画像をクリックすると拡大表示します)

術後出血の頻度(5.6~6.9%)
(↑画像をクリックすると拡大表示します)

4)突発性難聴
治癒率 32.4% (当院と同規模の公立病院の報告例:30.7%~27.0%)

Forest plot
(↑画像をクリックすると拡大表示します)

診療実績

スタッフ紹介

医師 専門分野/出身大学 資格・所属学会等

科長
岡本 篤司
おかもと あつし

耳鼻咽喉科一般 日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門医
日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科指導医 
山梨医科大学 2000年卒
部長
森山 元大
もりやま もとひろ

頭頸部腫瘍、耳鼻咽喉科一般

日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門医
日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門指導医 
日本がん治療認定機構 がん治療認定医
厚生労働省認定 補聴器適合判定医
日本耳鼻咽喉科学会 騒音性難聴担当医
日本鼻科学会、耳鼻臨床学会
頭頸部癌学会、頭頚部外科学会
小児耳鼻咽喉科学会

山梨医科大学 2003年卒
医師
松浦 真理
まつうら まり

耳鼻咽喉科一般

日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門医
嚥下リハビリテーション学会
日本摂食嚥下リハビリテーション学会

埼玉医科大学 2012年卒

医師
佐藤 翔
さとう しょう

山梨大学 2019年卒 日本耳鼻咽喉科学会

ページの
先頭に戻る