メニュを開く メニュ
文字サイズ 標準

内科(循環器)

循環器チームは、6名の常勤専門医と4名の専攻医にて、急性期治療から亜急性期治療を中心に、365日24時間体制で、最高の医療を提供しています。

虚血性心臓病、不整脈、心不全、高血圧、心臓弁膜症、心筋症、先天性疾患、 末梢血管病(両下肢等)を診療対象としています。循環器センターとして、循環器内科と心臓血管外科が密接な連携をとりチーム医療を行っています。年間で1000人前後の入院患者、平均在院日数 8.2日で、70%以上の院内パス運用率で、入院期間短縮に努めています。

病診連携を重視し、多くの紹介患者、逆紹介患者にて当科は支えられています。標準的医療から先進医療情報の提供も含め、up to date, activityの高い診療科です。

日本循環器学会認定専門医研修施設、日本核医学認定専門医教育病院、
日本不整脈学会認定不整脈専門医研修施設、日本心血管インターベンション研修施設群
日本超音波医学会認定専門医研修施設  

スタッフ紹介

医師/出身大学 資格・所属学会等
副院長
臨床試験管理センター統括部長
中 村 政 彦
なかむら まさひこ

新潟大学
(昭和57年卒)

医学博士(不整脈研究)

循環器画像診断、不整脈,心不全,高血圧の薬物治療

日本内科学会認定総合内科専門医、指導医
日本循環器学会 認定専門医
日本核医学会認定専門医、指導医、PET核医学専門認定医
日本超音波医学会認定専門医,指導医

循環器センター統括部長
梅 谷  健
うめたに けん

山梨医科大学
(昭和62年卒)

循環器一般、不整脈非薬物治療(アブレーション 等)
日本内科学会認定総合内科専門医、指導医
日本循環器学会 認定専門医
日本不整脈心電学会認定 不整脈専門医

循環器内科部長
佐 野 圭 太
さの けいた

山梨医科大学
(平成13年卒)

不整脈非薬物治療(アブレーション、デバイス等)、心血管インターベンション治療
日本内科学会認定総合内科専門医
日本循環器学会 認定専門医
心血管インターベンション治療学会認定医:認定医
日本不整脈心電学会認定 不整脈専門医

主任医長
生理検査科部長
牧 野 有 高
まきの ありたか

山梨大学
(平成14年卒)

循環器一般、心血管インターベンション治療
日本内科学会認定総合内科専門医
日本循環器学会 認定専門医
心血管インターベンション治療学会 認定医
JMECC インストラクター

医長
入退院センター部長
矢 野 利 明
やの としあき

山梨大学
(平成15年卒)

循環器一般、不整脈治療
日本内科学会認定医
日本循環器学会 認定専門医
日本不整脈心電学会認定 不整脈専門医

医長
臨床研修センター副部長
清 水 琢 也
しみず たくや

山梨大学
(平成20年卒)

循環器一般、心血管インターベンション治療
日本内科学会認定総合内科専門医
日本循環器学会 認定専門医
心血管インターベンション治療学会 認定医

専攻医

石 川 諒 太 郎
いしかわ りょうたろう
(平成30年卒)

循環器一般

専攻医

江 口 実 佑
えぐち みう
(平成30年卒)

循環器一般

専攻医

深 澤 洸 樹
ふかさわ こうき
(平成30年卒)

循環器一般

専攻医

市川 優真
いちかわ ゆうま
(平成31年卒)

 

循環器一般
小児循環器病センター長
星 合 美 奈 子
ほしあい みなこ

山梨医科大学
(平成2年卒)

小児循環器疾患全般、川崎病治療・後遺症、移行期医療、成人先天性心疾患
学校心臓検診、学童・生徒の心臓突然死防止活動
日本小児科学会認定小児科専門医・小児科指導医
日本小児循環器学会認定小児循環器専門医、日本循環器学会認定循環器専門医
日本小児循環器学会評議員、日本小児心筋疾患学会幹事、日本小児科学会山梨地方会理事
日本小児科学会甲信地方会評議員、山梨県災害時小児周産期リエゾン

診療実績

  2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
2020年
冠動脈造影検査 592 495 417 429 420 411
362
冠動脈PCI 185 200 177 204 227 207
223
緊急冠動脈造影
95
82
84
111
111 97 97
アブレーション 74 91 139 203 300 314
296
内 心房細動 32 54 65 135 209 234
243
Pacemaker(新規) 58 57 54 68 66 58
54
植え込み型除細動器 13 12 13 18 22 13
17
(内両心室pacing機能付) 6 4 6 8 14 4
7
末梢血管ステント  10 16 15 26 18 25
20

表1:冠動脈ステント治療での再狭窄率が低下しており、治療後の定期冠動脈造影検査を行わなくなった影響で、冠動脈造影検査数は減少している。治療に関しては、冠動脈ステント治療は昨年に続き200例以上、アブレーション治療は300例に達し、カテーテル治療症例数が増加してきている。

  2017年 2018年 2019年 2020年
循環器内科入院患者(人) 914 1009 1018 948
循環器内科死亡患者 25 23 26 21

表2:毎年1,000人前後の入院患者

 

 

虚血性心臓病

当院では薬剤溶出ステントを98%以上の症例に使用しており、ステント再狭窄率も3%以下になっています。冠動脈の慢性閉塞性病変に対する治療、石灰化病変に対するローブレータ治療も行っています。昨年の冠動脈治療223例中、43%の症例は緊急治療を行っており、24時間体制で虚血性心疾患の治療をおこなっています。また、冠動脈治療の適応を厳密に判断するために、心筋シンチ、冠動脈血流予備能評価(PFR, FFR)を行い、適切に治療をおこなっています。カテーテル治療と同時に、最新の大規模臨床研究でも重視されている厳格な薬物療法(脂質異常・糖尿病・高血圧・抗血小板薬の増量・減量)、生活習慣の改善も積極的に行っています。Covid19感染時代においても症例が減ることなく、地域での急性期循環器診療を維持できているのは、救命救急部、心カテ室(ope室看護師)、ME,放射線技師とのチーム体制がしっかりと構築されているためと思われます。チームスタッフには感謝しております。こんな状況でも”患者のために、早く、きれいに治す“を合言葉に奮闘しています。

 

不整脈治療:

カテーテルアブレーション治療を中心に、pacemaker, 植え込み型除細動器(ICD)、両室pacemaker(CRT) 治療を行っています。アブレーション治療件数は300例前後の症例数で推移しており、多くの紹介患者を受けています。中でも心房細動に対するカテーテルアブレーション治療は約70%以上を占め、より安全で、短時間の治療を目指し、cryo-ablation (冷凍凝固焼灼)も行ってます。デバイス関連では、リードレスペースメーカー植え込み治療も順調に症例数が増加しています。昨年から、レーザーシースによるペースメーカーリード抜去も開始しました。リード抜去に関しては、外部講師の指導の下、症例を増やしていきたいと考えております。

 

 

 

心不全:

高齢化、循環器治療の進歩による救命率の向上に伴い、心不全患者は増加しています。確実な薬物療法の徹底、両室ペーシングなどの非薬物治療、心房細動合併心不全に対するカテーテルアブレーション治療、在宅酸素治療など、いろいろな治療法を組み合わせて最適な治療を積極的に行っています。当科では、心房細動に対するablation 治療、虚血性心疾患に対する冠動脈治療も同一診療科にて行っており、器質的心疾患に対する非薬物療法を適切に行うことが可能です。

増加する高齢者の心不全患者を確実に短期間で治療し、早期に外来、かかりつけ医と連携できるように看護チーム、医療連携室と連携を取りながら治療、早期転院リハビリ、在宅支援を行っています。心不全治療薬の全国治験にも参加しています。

今年度、心不全リハビリ施設認定取得を予定しています。

循環器画像診断:

超音波・核医学指導医が画像診断で,各種心疾患の診断や心機能,治療法を評価し,侵襲的なカテーテル検査や不要な手術を減らすことができます。診断・治療効果判定や心臓超音波、核医学、CT融合画像等に関する検討も各学会の総会等で有用性を発表しています。

末梢血管/動脈硬化:

骨盤内の血管はじめ、大腿部の狭くなった血管(浅大腿動脈)、へのステントやバルーンによる治療を行っています。歩くと足が痛い、だるいなどの症状から、これまで見過ごされてきた病気をABI(下肢血圧同時測定)検査を積極的に行うことで診断をし、ステント、薬物治療、運動療法をおこなっています。心臓血管外科とも連携して、それぞれの特性を生かしたハイブリット治療も行っています。

成人先天性心疾患(ACHD)、移行期医療:

慢性疾患の子供たちが成人し安心して社会生活を送るためには、小児科と内科、外科、産婦人科といった成人科や支援スタッフの連携、協力が必要です。当科では成人移行外来を開設しており、循環器センターとして慢性心疾患の移行期やACHDの診療に取り組んでいます。残存合併症の検査や治療、妊娠・出産等の対応が必要な症例は急速に増加しており、症例に応じて医師、看護師や多領域のスタッフが連携して診療にあたっています。

                成人移行外来の症例構成(2020年1月現在)

 

  

循環器 2020年度(2020/4/1-2021/3/31まで) 業績

学会発表:

  1. Why dose embolic stroke related non-valvular atrial fibrillation not decrease?  Asahina Chisa, Umetani Ken, Takaaki Goto, Inomata Daichi, Akiyama Yuichirou, Shimizu Takuya, Makino Ariatak, Sano Keita, Nakamura Masahiko. 84 th 日本循環器学会 京都 2020/7/27-8/2 (On demand)
  2. Double lumen catheter が有効であった2症例。牧野有高、梅谷健、佐野圭太、矢野利明、清水琢也、秋山裕一郎、猪股大智、後藤剛顕。第56回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会。大手町サンケイプラザ。WEB 2020/7/24
  3. LMT閉塞を伴う急性大動脈解離に対してポータブル Angio造影を用いてLMTにステント留置後、上行大動脈置換術を施行した1例。佐野圭太、牧野有高、清水琢也、梅谷健。第56回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会。大手町サンケイプラザ。WEB 2020/7/24
  4. 右冠動脈閉塞に対する治療時にIVUSスタックによりステントの破断、変形をきたした1例。深澤洸樹、斎藤幸生、小野芹奈、堀越健生、出山順太郎、尾畑純栄、久木山清貴。256回日本循環器学会関東甲信越地方会 WEB東京 2020/
  5. 癌と静脈血栓症(VTE)と抗凝固療法。梅谷健。 第105回日本泌尿器が学会山梨地方会。共催セミナー。山梨、甲府。 2020/10/3
  6. アブレーション治療の大腿静脈穿刺手技により浅腹壁動脈に医原性動脈瘤を合併した症例。小野芹奈、梅谷健、江口美佑、深澤洸樹、石川涼太郎、朝比奈千沙、清水琢也、矢野利明、佐野圭太、中村正彦。259回日本循環器学会 関東甲信越地方会。WEB東京 2021/2/13-15
  7. Intervention in Yamanashi Prefecture and the role of our hospital from Fujisun Registry. 牧野有高、梅谷健。山梨大学医学部付属病院 久木山清貴、尾畑純栄、斉藤幸生、吉崎徹。甲府城南病院 露口直彦。山梨厚生病院 浅川哲也。市立甲府病院 沢登貴雄。山梨病院 石原司。第29回日本心血管インターベンション治療学会:CVIT 2020. 2021/2/18-21. WEB開催
  8. Current status of in-hospital/out-of-hospital cardiopulmonary arrest due to ischemic heart disease in our hospital.  Keita Sano, Aritaka Makino, Takuya Shimizu, Toshiaki Yano, Ken Umetani. CVIT 2020. 2021/2/18-21. WEB開催
  9. Efficacy and Safety of Superior Vena Cava Isolation Based on 3-D Electro-anatomical Mapping. Serina Ono, Umetani Ken, Miu Eguchi, Koki Fukasawa, Ryotaro Ishikawa, Chisa Asahina, Takuya Shimizu, Toshiaki Yano, Ariatak Makino, Keita Ssano, Masahiko Nakamura. WEB 85 th 日本循環器学会 横浜 2021/3/26-3/28 (On demand

論文:

    1. Nine‐year trend of oral anticoagulant use in patients with embolic stroke due to nonvalvular atrial fibrillation. Chisa Asahina, Ken Umetani , Keita Sano, Toshiaki Yano, Shin Nakano J Arrhythmia 2020 July 20. 883-889

 

小児循環器病センター

 平成29年4月1日に循環器内科と心臓血管外科からなる循環器病センターが開設され、それと同時に小児循環器病センターがスタートしました。当センターでは、胎児から成人期への移行までを通した山梨県での新たな小児循環器診療体制の構築を進めています。
 日本小児循環器学会認定 小児循環器専門医修練施設

【スタッフ】 
星合美奈子 小児循環器病センター長
山梨医科大学(平成2年卒)
小児循環器疾患全般,川崎病急性期治療および慢性期・後遺症,移行期・成人先天性心疾患,学校心臓検診,学童・生徒の心原性突然死防止への取り組み
日本小児科学会認定 小児科専門医、指導医
日本小児循環器学会認定 小児循環器専門医
日本循環器学会認定 循環器専門医
日本小児循環器学会 評議員、日本小児心筋疾患学会 幹事
厚生労働省 災害時小児周産期リエゾン

【現在の診療・活動の紹介】

      1. 1.乳幼児検診、学校心臓検診の二次精査
    1.  心雑音や心電図異常のため要精検となった乳幼児、児童生徒の精査、その後の治療方針の決定、経過観察を行っています。特に小学生以上では、学校生活管理表に基づいた適正な管理指導をしています。また、児童・生徒の心原性突然死を防止するために県内小児科医、看護士、救命救急士が協力して発足させた「Let’s Save A Child in Yamanashi Project」の活動の中心を担っています。

  2.先天性心疾患、不整脈、川崎病

    1.  上記疾患の診断、内科的治療、経過観察を行っています。外科的治療が必要な場合は、当院心臓血管外科をはじめ山梨大学や周辺他県の専門施設と連携し、手術後のフォローアップを行います。またペースメーカーやICD、カテーテルアブレーションが必要な不整脈疾患に対して、当院循環器内科と連携して診療にあたっています。

  3.胎児心疾患症例への対応

    1.  当院周産期センターの産科、新生児科と連携し、胎児心疾患の診断、周産期・出生後の管理治療方針のコーディネートに参加しています。

  4.移行期・成人先天性心疾患の管理

      1.  小児慢性疾患の治療成績向上により、成人に到達し社会生活を送る症例が増加しています。このため現在、小児科診療において、小児から成人への移行期医療の確立が非常に重要な課題となっています。平成29年4月から、循環器内科に成人移行外来を週1日、木曜日に開設しております。成人先天性心疾患術後、心疾患合併妊娠、全身系統疾患、小児期発症の難治性不整脈、高校生以上で発見された先天性心疾患等の症例が受診されています。他院からの紹介症例も徐々に増加しており、開設1年後の平成30年3月現在で、当外来フォロー中の症例数は合計32例に達しています。月ごとの外来受診者数を、下のグラフに示しました。

 

循環器内科成人移行外来受診患者数

 当センターは開設されたばかりで規模も小さく、まだまだ手探りの状態で診療にあたっている状況です。しかし、県内で最初に開設された小児専門疾患センターとしての意義は大きく、今後大切に育てていきたいと考えています。

【原著・症例報告】

        1. 1.Infliximab regulates monocytes and regulatory T cells in Kawasaki disease

 

        1. ・Koizumi K, Hoshiai M, Katsumata N, Toda T, Kise H, Hasebe Y, Kono Y, Sunaga Y, Yoshizawa M, Watanabe A, Kagami K, Abe M, Sugita K

 

      1. ・Pediatr Int. 2018 Mar; doi; 10.1111/ped.13555. in press.

2.Infliximab regulates monocytes and regulatory T cells in Kawasaki disease.
・Koizumi K, Hoshiai M, Katsumata N, Toda T, Kise H, Hasebe Y, Kono Y, Sunaga Y, Yoshizawa M, Watanabe A, Kagami K, Abe M, Sugita K.
・Pediatr Int. 2018 Mar; doi; 10.1111/ped.13555. in press.

3.Marked pleural effusion after i.v. immunoglobulin therapy for Kawasaki disease.
・Koizumi K, Hoshiai M, Toda T, Nakane T, Sugita K.
・Pediatr Int. 2018;60:307-398.

4.Plasma exchange for the patients with dilated cardiomyopathy in children is safe and effective in improving both cardiac function and daily activities.
・Moriguchi T, Koizumi K, Matsuda K, Harii N, Goto J, Harada D, Sugawara H, Hoshiai M, Kise H, Baba A.
・J Artif Organs. 2017;20:236-243

 

【講演】

        1. 1.小児科領域における肺高血圧症の診

 

      1.   星合美奈子(都留北都留医師会学術講演会、2017年5月26日、都留市)

【国際学会】
1.A woman of polysplenia who recovered from cyanosis caused by

    1. reconstruction in 15 years after the first TCPC operation
    1. Hoshiai M, Kise H, Takako T, Koizumi K, et al.
  1. pulmonary arteriovenous malformations with the

     (7th WCCPS 2017, 16-21 Jul 2017, Barcelona )

 

        1. 2.Effective teaching methods for students to learn basic lif

 

        1. support and use of automated external defibrillator

 

        1. Koizumi K, Katsumata N, Hoshiai M, et al

 

        1.   (7th WCCPS 2017, 16-21 Jul 2017, Barcelona )

     

    【学会】

          1. 1.濃厚な家族歴から診断に至ったカテコラミン誘発多形性心室頻拍の双胎男児

     

          1. 星合美奈子、駒井孝行、小泉敬一(第120回日本小児科学会学術集会、2017年4月14-16日、東京
        1. 2.肺動静脈奇形に対しTCPC術後15年で血行再建し、チアノーゼが改善した多脾症候群の女性例

     

      1. 星合美奈子、喜瀬広亮、戸田孝子、他 (第53回日本小児循環器学会学術集会、2017年7月7日-9日、静岡)

    3.難治性腹水のコントロール中に巨大脾動脈瘤が発見されたTCPC術後の多脾症候群女性例
    星合美奈子、喜瀬広亮、河野洋介、他(第20回日本成人先天性心疾患学会学術集会、2018年1月27日-28日、東京)

    4. Flecainide and Carvedilol could prevent ventricular

          1. Hoshiai M, Kise H, Kono Y, et al.
        1. tachycardia attack in a female case of Long QT syndrome associated with RYR2 mutatio

     

      1. (第82回日本循環器学会学術集会、2018年3月23日-25日、大阪)

     

    【講習会開催】

      1. 1.第5回親子で学ぶ心肺蘇生講座
      1. Let’s Save A Child in Yamanashi Project 2017
    1. (2017年10月9日、山梨県立中央病院多目的ホール、公益財団法人宮田心臓病研究振興基金、山梨県小児科医会 協賛)

    ページの
    先頭に戻る