メニュを開く メニュ
文字サイズ 標準

形成外科

対象とする疾患は次のとおりです。

  • 熱傷(特に植皮が必要な重い熱傷)
  • 顔面の外傷(鼻骨 ・ 頬骨 ・ 眼窩底骨折や 軟部組織の損傷)
  • 顔面の先天異常(口唇口蓋裂、耳介変形、眼瞼下垂症など)
  • 手足の外傷(指切断、デグロービング損傷など)
  • 手足の先天異常(多指症 ・ 合指症など)
  • 体幹の先天異常(漏斗胸、尿道下裂、膣欠損など)
  • 良性腫瘍(母斑、アテローム、脂肪腫など)
  • 悪性腫瘍およびその再建(乳房再建、食道再建、眼瞼 ・ 上下顎再建など)
  • 瘢痕、瘢痕拘縮、ケロイド
  • 褥瘡、難治性潰瘍
  • その他(陥入爪『まきづめ』、腋臭症『わきが』、睫毛内反『さかさまつげ』など)

なお、美容外科の手術は、原則として行っておりません。

形成外科全般にわたり治療していますが、治療前に患者さんと十分に話し合い、手術の必要性や方法、副作用や合 併症について患者さんに理解と納得を得た上で手術を行うというインフォームド・コンセントに基づいた治療を行っています。 他科と密接に連携しながら、より高度な治療を行い、患者の整容的改善を目指すとともに社会復帰を促しています。 特にマイクロサージャリーを応用した種々の組織移植による再建(切断指の再接合や足趾移植による手指の再建、遊離神経血管柄付筋肉移植による顔面・四肢の 機能的再建、遊離血管柄付骨移植による骨欠損の再建、遊離(筋)皮弁移植による皮膚軟部組織欠損の再建、遊離空腸移植による食道再建、四肢のリンパ浮腫に 対するリンパ管再静脈吻合など)や、また内視鏡を使った漏斗胸形成術、人工乳房を使った乳房再建など、新しい技術を積極的に取り入れて治療を行っていま す。

スタッフ紹介

医師 専門分野/出身大学 資格・所属学会等
部長
小 林 公 一
こばやし こういち
形成外科全般であるが、特に顔面骨骨折、口唇口蓋裂、手指の切断・皮膚損傷、乳房再建、瘢痕拘縮、褥瘡、腋臭症、眼瞼下垂、リンパ浮腫など 医学博士
昭和大学形成外科非常勤講師
日本形成外科学会指導医/専門医
皮膚腫瘍外科分野専門医
小児形成外科分野指導医
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本美容外科学会
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
乳房再建用エキスパンダー/
インプラント施設代表責任医師
乳房増大用エキスパンダー/
インプラント責任医師
昭和大学
(昭和61年卒)
医師
梅 澤 和 也
うめざわ かずや
形成外科全般であるが、特に熱傷、小児先天奇形、頭蓋顎顔面外科、皮膚悪性腫瘍、下腿潰瘍、乳房再建、マイクロサージャリーなど

日本形成外科学会専門医          創傷外科分野指導医             乳房再建用エキスパンダー/
インプラント責任医師
日本口蓋裂学会
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本熱傷学会
日本創傷外科学会
日本美容外科学会
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会

 

昭和大学
(平成21年卒)
専攻医
白井 麻理恵
しらい まりえ
形成外科全般

日本形成外科学会             日本美容外科学会              日本抗加齢医学会               緩和ケア講習会終了

山梨大学
(平成29年卒)

診療実績(令和2年度)

  • 外来新患者数:843名、入院患者数:189名
  • 手術件数(レーザー照射も含め):790例
  • 入院手術件数:306例、外来手術件数:484例

その主な内訳は、熱傷(植皮術)が 6(5)例、顔面骨骨折 37例(鼻骨 26例・ 頬骨6例・ 眼窩底 3例・顔面多発骨折2例)、顔面軟部組織損傷 29例、先天異常66例(口唇口蓋裂10例、四肢の先天異常6例、耳介変形17例、眼瞼20件、その他(体幹、顔面)の先天異常13件)、四肢外傷 43例(上肢34例、下肢19例)、皮膚皮下良性腫瘍(母斑・粉瘤・血管腫など)244例、乳房再建 23例、皮膚悪性腫瘍 33例、瘢痕拘縮・ケロイド 50例、難治性潰瘍 28例(このうち褥瘡1例)、眼瞼内反 9例、睫毛内反『さかさまつげ』 14例、 眼瞼下垂 45例

あざ専用のQスイッチ・ルビー レーザー照射数は、
扁平母斑・太田母斑・外傷性刺青・異所性蒙古斑: 27例・・・(以上保険診療)
老人性色素斑(しみ)26例・刺青(入れ墨)2例・・・(以上自費診療)

などです。

学会・論文発表

(学会発表)R2年度

  • 表題
    当院におけるクマ外傷の9例
  • 発表者
    斎藤 景
  • 学会名                                          第12回日本創傷外科学会総会・学術集会
  • 日時
    令和2年12月10~11日
  • 開催地
    徳島

(学会発表)令和1年度

  • 表題
    サイバーナイフ治療が奏功した眼瞼に生じたメルケル細胞癌の2例
  • 発表者
    松延 武彦
  • 学会名
    第62回日本形成外科学会総会・学術集会
  • 日時
    令和1年5月15~17日
  • 開催地
    東京

(学会発表)H30年度

  • 表題
    NPWTを臀部・会陰部に適用するための工夫
  • 発表者
    梅澤和也
  • 学会名
    第10回日本創傷外科学会総会・学術集会
  • 日時
    平成30年7月5~6日
  • 開催地                                                 埼玉                                             
  • 表題
    軽微な外傷後の眼窩内血種の1例
  • 発表者
    清水崇史
  • 学会名
    第10回日本創傷外科学会総会・学術集会
  • 日時                                           平成30年7月5~6日
  • 開催地
    東京

(論文発表)

  • 表題
    壊死性筋膜炎の臨床像と病理組織学的所見
  • 著者
    梅澤和也
  • 掲載誌
    日形会誌 (0389-4703)37巻7号 Page374-381(2017.07)
  • 表題
    深達性II度熱傷におけるカデキソマー・ヨウ素軟膏の有用性
  • 著者
    梅澤和也
  • 掲載誌
    創傷 (1884-880X)9巻1号 Page33-36(2018.01)

ページの
先頭に戻る