総合周産期母子医療センター 母性科(産科)

当院は日本産科婦人科学会専門医卒後研修指導施設および日本周産期・新生児医学会母体・胎児専門医研修施設です。

1.診療案内

  • 県内唯一の総合周産期センターとして、年間に約100件の母体搬送を受け入れています。 NICUと連携し、切迫早産・前期破水、胎児発育不全、多胎妊娠といったハイリスク症例を中心に年間に約600件の分娩管理を行っています。 一卵性双胎を中心に山梨県内の大部分の多胎妊娠の管理も行っています。外来診療では、出生前遺伝学的検査と先天性疾患の胎児超音波 スクリーニングに特化した専門外来を設けています。
  • 母児のハイリスク症例に関する情報は周産期カンファレンス(毎週)で新生児科・小児外科医師ならびに看護スタッフ間で共有され、 出生後の管理を中心に prenatal visit にも役立てています。
  • 母性科病棟のスタッフは産科医師7名、看護師32名(助産師28名)で、その多くがAdvanced Life Support Obstetrics Japan (ALSO Japan)の専門教育を受けており、 母体重症症例に対しては救命救急センタースタッフと連携した質の高いチーム医療を行っています。
  • 母性科スタッフは、 日本産科婦人科学会日本周産期・新生児医学会日本超音波医学会日本人類遺伝学会に所属し、最新の周産期医療を提供するために 技術と知識の向上に、日々、努めています。また当院は 日本産科婦人科学会日本周産期・新生児医学会ならびに日本超音波医学会の専門医研修施設 に認定されています。
  • 帰省分娩を含めたリスクのない一般の方の妊娠分娩管理も行っています。当院での出産をご希望の場合には、紹介状のない方でも受診可能です。 産科外来までお電話でお問い合わせください。

当院が参加する臨床研究
下記の他施設共同研究に参加し、周産期医療の発展に協力しています。対象となる患者様のご協力をいただいて実施しています。
重症胎児発育不全の前方視野的コホート研究
(研究代表者:大阪府立母子保健総合医療センター産科部長 石井桂介)

2.特徴・方針

  • 当院は山梨県内で唯一の総合周産期母子医療センターです。
  • NICU・小児外科との連携が必要なハイリスク妊娠の管理を数多く行っています。
  • また他院からの救急搬送(救急隊からの搬送要請を含む)の受け入れを24時間対応しています。
  • 一般の方の妊娠分娩管理も行っています。当院での出産をご希望の場合は、お電話にてお問い合わせください。

診療実績

平成23年度から27年度までの臨床統計

母性科臨床データ
(↑画像をクリックするとPDF形式のファイルでご覧になれます)

母性科救急搬送受け入れ症例推移
(↑画像をクリックするとPDF形式のファイルでご覧になれます)

出生前遺伝学的検査について

平成28年4月から周産期遺伝相談外来を開設し、カウンセリングも含めた出生前検査の提供が可能となりました。 出生前検査に関わる相談は、臨床遺伝専門医が同外来で行っています。当院で実施可能な出生前検査は下記になります。 なお、非侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)については、現時点では当院で出産予定の方のみの対応となります。

児がダウン症である確率

各種スクリーニング検査で陽性の結果となった場合に考慮される確定的検査として、絨毛染色体検査と羊水染色体検査が可能です。 絨毛染色体検査は技術的に難易度が高く、実施にあたっては専門的なトレーニングが必要です。国内で実施可能な施設は限られ、山梨県内では当院でのみ可能です。

胎児スクリーニング外来について

医学的な対応が必要となる先天性疾患を持って生まれてくる赤ちゃんの頻度は、約2-3%とされます。 このうちの約6割は精密かつ詳細な超音波検査を行うことで出生前診断が可能となってきており、心奇形などの出生後早期の医療介入が児の予後に大きく影響する疾患では、 極めて重要です。
   平成28年4月に、様々な先天性疾患の早期発見を目的とした「胎児スクリーニング外来」を開設しました。 当院に通院する妊婦さん以外でも受診が可能ですが、連携施設の産婦人科医師からの紹介状が必要となります。 診察は主に胎児超音波検査の専門資格を有する医師が担当し、他医師と協力して胎児の状態を入念に確認します。 本外来は完全予約制で自費診療となります。詳しくは産婦人科外来までお問い合わせください。(平日9:00-16:00)

スタッフ紹介

スタッフ 専門分野/
出身大学
資格
周産期センター長
(母性科科長)

内 田 雄 三
うちだ ゆうぞう
周産期医療
胎児診断
日本産科婦人科学会
専門医・指導医
日本周産期新生児医学会
周産期専門医(母体・胎児)
山梨医科大学
(平成5年卒)
遺伝子診療センター長
(母性科部長)

須 波 玲
すなみ れい
胎児診断
出生前診断
医学博士
日本産科婦人科学会
専門医・指導医
日本人類遺伝学会
臨床遺伝専門医
日本周産期新生児医学会
周産期専門医・指導医
(母体・胎児)
日本超音波医学会
認定専門医・指導医
(産婦人科)
Fetal Medicine Foundation
(FMF)オペレーター資格
Advanced Life Support in Obstetrics(ALSO)Japan
インストラクター
NCPR インストラクター
山梨医科大学
(平成10年卒)
医長
笠 井 真 祐 子
かさい まゆこ
周産期医療
胎児診断
日本産科婦人科学会
専門医・指導医
日本周産期・新生児医学会
周産期専門医(母体・胎児)
Fetal Medicine Foundation
(FMF)オペレーター資格
NCPR インストラクター
山梨医科大学
(平成11年卒)
医師
篠 原 諭 史
しのはら さとし
周産期医療 日本産科婦人科学会
専門医
Fetal Medicine Foundation
(FMF)オペレーター資格
山梨大学
(平成22年卒)
専修医(3年目)
望 月 加 奈
もちづき かな
産婦人科一般 Advanced Life Support Obstetrics (ALSO) Japan
インストラクターキャンディデイト
Fetal Medicine Foundation
(FMF)オペレーター資格
埼玉医科大学
(平成24年卒)
専修医(2年目)
渡 邊 佳 那
わたなべ かな
産婦人科一般 Fetal Medicine Foundation (FMF)オペレーター資格
山梨大学
(平成25年卒)
専修医(1年目)
都 倉 裕 り
とくら ゆり
産婦人科一般
山梨大学
(平成26年卒)