循環器内科

循環器診療は、虚血性心臓病、不整脈、心不全、高血圧、心臓弁膜症、心筋症、先天性心疾患、 末梢血管病(両下肢等)を診療対象としています。 本年度から循環器センターとなり、循環器内科と心臓血管外科が今まで以上に密接な連携をとりチーム医療を進めていきます。毎週の合同カンファレンス。2か月毎の合同勉強会を予定しています。急性期治療から亜急性期治療を中心とし、24時間体制で、充実したスタッフで最高の医療を提供しています。 本年度から星合美奈子医師(小児科)と一緒に、成人期に達した小児先天性心疾患(成人先天性心疾患)への取り組みも開始しました。

日本循環器学会認定専門医研修施設、日本核医学認定専門医教育施設、
日本不整脈学会認定不整脈専門医研修施設、
日本超音波医学会認定専門医研修施設

スタッフ紹介

医師/出身大学 資格・所属学会等
院長補佐
臨床試験管理センター
統括部長

中 村 政 彦
なかむら まさひこ

新潟大学
(昭和57年卒)






医学博士
循環器画像診断、不整脈,心不全,高血圧の薬物治療,心血管インターベンション治療
臨床薬理
日本内科学会認定総合内科専門医、指導医
日本循環器学会 認定専門医
日本核医学会認定専門医、指導医、PET核医学専門認定医
日本超音波医学会認定専門医,指導医
日本生体医工(ME)学会認定ME技術実力検定試験合格
循環器センター
統括部長
教育研修センター
統括部長

梅 谷  健
うめたに けん

山梨医科大学
(昭和62年卒)

循環器一般、不整脈非薬物治療(アブレーション、デバイス等)
心血管インターベンション治療
循環器一般、日本内科学会認定総合内科専門医、指導医
日本循環器学会 認定専門医
日本不整脈心電学会認定 不整脈専門医
循環器内科部長
佐 野 圭 太
さの けいた

山梨医科大学
(平成13年卒)

不整脈非薬物治療(アブレーション、デバイス等)、心血管インターベンション治療
日本内科学会認定総合内科専門医
日本循環器学会 認定専門医
医長
牧 野 有 高
まきの ありたか

山梨大学
(平成14年卒)

循環器一般、心血管インターベンション治療
日本内科学会認定総合内科専門医
日本循環器学会 認定専門医
医師
矢 野 利 明
やの としあき

山梨大学
(平成15年卒)

循環器一般、不整脈治療
日本内科学会認定医
日本循環器学会 認定専門医
日本不整脈心電学会認定 不整脈専門医
医師
清 水 琢 也
しみず たくや

山梨大学
(平成20年卒)

循環器一般、心血管インターベンション治療
日本内科学会 認定内科医
日本循環器学会 認定専門医
専修医
原 間 智 子
はらま ともこ

山梨大学
(平成26年卒)

循環器一般
専修医
村 田 有
むらた ゆう

山梨大学
(平成27年卒)

循環器一般
小児循環器病センター長
星 合 美 奈 子
ほしあい みなこ

山梨医科大学
(平成2年卒)






小児循環器疾患全般、川崎病治療・後遺症、循環器疾患の移行期医療
学校心臓検診、学童・生徒の心臓突然死防止活動
日本小児科学会認定 小児科専門医、小児科指導医
日本小児循環器学会認定 小児循環器専門医
日本循環器学会認定 循環器専門医
日本小児循環器学会評議員、日本小児心筋疾患学会幹事
厚生労働省 災害時小児周産期リエゾン講習修了

診療実績

 2011年2012年2013年2014年2015年2016年
冠動脈造影検査 664 663 562 592 495 417
冠動脈PCI 165 195 172 185 200 177
アブレーション 48 58 50 74 91 139
内 心房細動 10 7 9 32 54 65
Pacemaker(新規) 46 60 56 58 57 54
植え込み型除細動器 13 22 15 13 12 13
(内両心室pacing機能付) 3 11 5 6 4 6
末梢血管ステント       10 16 15
心筋シンチ 383 372 358 306 261 290

表1:薬剤溶出ステントを冠動脈治療に主に使用するようになってから、冠動脈ステント後の再狭窄率が減少しました。そのために、6か月後の確認診断カテーテル検査を行う必要が減り、冠動脈造影検査件数は減少しました。それに代わり、冠動脈ステント治療、アブレーション治療などより治療に重点を置いた診療体制となってきている。

虚血性心臓病 :当院では薬剤溶出ステントを95%以上の症例に使用しており、ステント再狭窄率も3%以下になっています。冠動脈の慢性閉塞性、石灰化病変に対する治療も開始しました。昨年の冠動脈治療は200例と適応を厳密に判断して積極的に治療をおこなっています。また、カテーテル治療と同時に、薬物療法(脂質異常、糖尿病、高血圧、抗血小板薬)も積極的に行います。脂質異常、糖代謝異常と動脈硬化に関する臨床研究も行い、国内、国際学会にて発表をしている。

不整脈治療 :カテーテルアブレーション治療を中心に、pacemaker, 植え込み型除細動器(ICD)、両室pacemaker(CRT) 治療を行っています。アブレーション件数は昨年139例に増え、中でも心房細動に対するカテーテルアブレーション治療は65例(47%)となりました。安全で確実な治療を目指して、6月よりcryo-ablation (冷凍凝固焼灼)も開始予定です。2016年は完全皮下植え込み型除細動器(S-ICD)の治療も開始をしました。ICD,CRT治療も含め、他施設からの紹介にも積極的に対応しています。原因不明の失神患者に対しての植え込み型ループレコーダー植え込みも行っていいます。ICD治療、心房細動に対する薬剤治療の全国治験にも参加をしています。

循環器内科

心不全 :高齢化、循環器治療の進歩による救命率の向上に伴い、心不全患者は増加しています。確実な薬物療法の徹底、両室ペーシングなどのペーシング治療、在宅酸素治療など、いろいろな治療法を組み合わせて最適な治療を積極的に行っています。増加する高齢者の心不全患者を確実に短期間で治療し、早期に外来、かかりつけ医と連携できるように看護チーム、医療連携室と連携を取りながら治療、早期転院リハビリ、在宅支援を行っています。 心不全治療薬の全国治験にも参加しています。

循環器画像診断 :超音波・核医学指導医が画像診断で,各種心疾患の診断や心機能,治療法を評価し,侵襲的なカテーテル検査や不要な手術を減らすことができます。診断・治療効果判定や心臓超音波、核医学、CT融合画像等に関する検討も各学会の総会等で有用性を発表しています。

末梢血管/動脈硬化 :骨盤内の血管はじめ、大腿部の狭くなった血管(浅大腿動脈)、へのstent治療をおこなっています。歩くと足が痛い、だるいなどの症状から、これまで見過ごされてきた病気をABI(下肢血圧同時測定)検査を積極的に行うことで診断をし、ステント、薬物治療、運動療法をおこなっています。

小児循環器 :慢性疾患の子供たちが成人し安心して社会生活を送るためには、小児科と内科、外科、産婦人科といった成人科や支援スタッフの連携、協力が必要です。しかし日本においてはそのシステムが確立されておらず、各地で移行期医療(トランジション・ケア)への取り組みが始まったばかりです。当院では循環器病センター開設にあたり、内科と小児科が緊密に連携できる成人移行外来を、15歳以上を対象として始めました。紹介や受診を希望される方は、予約センターまでお気軽にご相談ください。