メニュを開く メニュ
文字サイズ 標準

卒後教育

卒後教育(看護局)

1.教育理念

豊かな人間性と専門的知識・技術を持ち、主体的に行動できる看護師を育成する。

2.教育目標

  • 一人ひとりが変革意識を持ち、変動する社会・医療環境に柔軟に対応できる看護師を育成する。
  • 「自立・自助の心」「与える心」「複眼の心」をもって互いに成長できる看護師を育成する。
  • 各人がキャリアの道を意識し、意欲的に自己啓発できる看護師を育成する。
  • 医療の高度化に向けて、より専門的知識・技術を備えた看護師を育成する。

3.キャリアの道

1)キャリアラダーとキャリアの道による人材育成

 看護局では、全看護職員が「人間性」を育み、県の基幹病院としての役割を果たすという理念に向け、自信と誇りをもって生き生きと働き続けていくことを目指してします。そして、自身のありたい将来像へ試行錯誤しながらも自らの足で一歩一歩確実に進んでいけるキャリア支援を設定しています。当院のキャリアラダーは、日本看護協会のクリニカルラダーの「看護の核となる実践能力」「組織的役割遂行能力」「自己教育・研究能力」に、「基本的資質・態度」を追加し、個々の成長に合わせて支援しています。また「基本的資質・態度」の能力に関しては、豊かな人間性を育むためにHANA研究会モデルの「人間性」を基盤としています。キャリアラダーはⅠ~Ⅴ段階の構成からなり、専門領域(対象別)を進みながら、キャリアラダーⅢからは、「専門」「看護教育」「熟練」「看護管理」「医療の質保証」の道を自ら選択し、更なるキャリアを積んでいくことができます。

 HANA研究会(High Achievements of Nursing Administrator:は研究会)出版

  著書:「ハイパフォーマーな看護管理者の行動特性と看護管理者研修」の「人間性」を参考

    ○ キャリアの道のイメージはキャリアの道イメージ図をご参照ください。                                                     

    ○キャリアの道の詳細は キャリアの道図表をご参照ください。

  

2)キャリアの道を支援する新人教育

 キャリアラダーⅠを目指す新人看護師には、業務の中(OJT)と集合研修(Off-JT)でキャリアの道を支援し     ていきます。

 

 

4.教育体系

教育体系については、R2年度教育体系をご参照ください。

5.教育計画

教育計画については、R2年度看護職員研修をご参照ください。

ページの
先頭に戻る