メニュを開く メニュ
文字サイズ 標準

卒後教育・認定資格

放射線診療は、科学の最先端技術を応用した医療機器を用いた検査が多く、理工学や情報工学の進歩によって、 更なる進化を続けています。これらの医療機器から作成された医用画像は、欠くことのできない重要な医療情報のひとつとなっています。

時代に即した医療の質を確保するために、医療従事者の質と技術の向上を図り、人間性豊かな人材を育成することは、 これからの医療にとってより重要なキーワードになっています。

専門医はもとより、診療放射線技師においても、装置ごとに専門技師や認定技師制度が策定され、より専門的な知識と技術習得の目標になっています。 当院においても、放射線専門医、放射線治療専門医、X線CT専門技師、放射線治療専門技師、放射線治療品質管理士、 検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師、医用画像情報精度管理士、放射線管理士、放射線関連機器管理士といった複数の団体や 学会が参画した認定資格取得者がうまれています。 また、第1種放射線取扱主任者(国家資格)などの取得についても奨励しています。

学会や職能団体による生涯学習制度と認定資格制度とを活用し、県民の医療を支えることのできる人材育成システムの構築に力を注いでいきます。

ページの
先頭に戻る