メニュを開く メニュ
文字サイズ 標準

2019年

≪2019年≫

<論文>

  1. Amemiya K, Hirotsu Y, Oyama T, Omata M.
    Relationship between formalin reagent and success rate of targeted sequencing analysis using formalin fixed paraffin embedded tissues.
    Clin Chim Acta
    . 2019 Jan;488:129-134.

  2. Sakamoto I, Hirotsu Y, Nakagomi H, Ikegami A, Teramoto K, Omata M.
    Durable response by olaparib for a Japanese patient with primary peritoneal cancer with multiple brain metastases: A case report.
    J Obstet Gynaecol Res
    . 2019 Mar;45(3):743-747. doi: 10.1111/jog.13851.

  3. Takaoka S, Hirotsu Y, Ohyama H, Mochizuki H, Amemiya K, Oyama T, Ashizawa H, Yoshimura D, Nakagomi K, Hosoda K, Suzuki Y, Kojima Y, Omata M.
    Molecular subtype switching in early-stage gastric cancers with multiple occurrences.
    J Gastroenterol. 2019 J Gastroenterol. 2019 Aug;54(8):674-686.

  4. Hirotsu Y, Mochizuki H, Amemiya K, Ohyama H, Yoshimura D, Amano H, Miura Y, Ashizawa H, Nakagomi K, Takaoka S, Hosoda K, Suzuki Y, Oyama T, Hada M, Kojima Y, Omata M.
    Deficiency of mismatch repair genes is less frequently observed in signet ring cell compared with non-signet ring cell gastric cancer.
    Med Oncol
    . 2019 Jan 29;36(3):23.
  5. Kanda T, Goto T, Hirotsu Y, Moriyama M, Omata M.
    Molecular Mechanisms Driving Progression of Liver Cirrhosis towards Hepatocellular Carcinoma in Chronic Hepatitis B and C Infections: A Review.
    Int J Mol Sci. 2019 Mar 18;20(6). pii: E1358. doi: 10.3390/ijms20061358. Review.
  6. Nakagomi T, Hirotsu Y, Goto T, Shikata D, Yokoyama Y, Higuchi R, Otake S, Amemiya K, Oyama T, Mochizuki H, Omata M.
    Clinical Implications of Noncoding Indels in the Surfactant-Encoding Genes in Lung Cancer.
    Cancers (Basel). 2019 Apr 17;11(4). pii: E552.

  7. Hirotsu Y, Yokoyama H, Amemiya K, Hagimoto T, Daimon H, Hosaka K, Oyama T, Mochizuki H, Omata M.
    Genomic profile of urine has high diagnostic sensitivity compared to cytology in non-invasive urothelial bladder cancer.
    Cancer Sci. 2019 Aug 1. doi: 10.1111/cas.14155. in press

  8. Higuchi R, Goto T, Hirotsu Y, Nakagomi T, Yokoyama Y, Otake S, Amemiya K, Oyama T, Omata M.
    PD-L1 Expression and Tumor-Infiltrating Lymphocytes in Thymic Epithelial Neoplasms.
    Journal of Clinical Medicine 2019;8(11). pii: E1833.

  9. Ohyama H, Yoshimura D, Hirotsu Y, Amemiya K, Amano H, Miura Y, Ashizawa H, Nakagomi K, Takaoka S, Hosoda K, Suzuki Y, Oyama T, Hada M, Kojima Y, Mochizuki H, Omata M.
    Rapidly declining trend of signet ring cell cancer of the stomach may parallel the infection rate of Helicobacter pylori.
    BMC Gastroenterology 2019;19(1):178

  10. Nagakubo Y, Hirotsu Y, Amemiya K, Oyama T, Mochizuki H, Omata M.
    Accurate detection of KRAS, NRAS and BRAF mutations in metastatic colorectal cancers by bridged nucleic acid-clamp real-time PCR.
    BMC Medical Genomics 2019;12(1):162.

  11. Hirotsu Y, Nagakubo Y, Amemiya K, Oyama T, Mochizuki H, Omata M.
    Microsatellite Instability Status is Determined by Targeted Sequencing with MSIcall in 25 Cancer Types.
    Clin Chim Acta. 2019. pii: S0009-8981(19)32115-1.

<学会発表>

  1. 羽田真朗
    Investigation of markers related to immunotherapy for gastric cancer、第91回日本胃癌学会総会、2019/2/27-3/1(口頭)
  2.  Yuji Iimuro, Yosuke Hirotsu, Masao Omata
    Comparison of clinical judgement and genetic differentiation of multinodular HCC; Intrahepatic metastasis (IM) vs Multicentric occurrence (MC)、APASL2019、2019/2/20-24、Manila(Oral Poster)
  3. 前島 誠、長久保由貴、保坂和宏、弘津陽介、末木人美、三河貴裕
    肉芽腫性乳腺炎における遺伝子検査による原因菌同定の試み、第30回日本臨床微生物学会総会、2019/2/1-3、東京(ポスター)
  4. 羽田真朗、弘津陽介、雨宮健司、小山敏雄、飯室勇二、細田健司、小嶋裕一郎、望月仁、中込博、小俣政男
    多病変部位のゲノム解析による胃癌原発巣・転移巣のClonalityの検討、第119回日本外科学会定期学術集会、2019/4/18-20、大阪(ワークショップ、口頭)
  5. 横山仁、弘津陽介、雨宮健司、萩本貴士、大門裕典、保坂恭子、小山敏雄、望月仁、小俣政男
    膀胱癌における遺伝子変異解析を利用したLiquid biopsyの有用性:血漿、尿上清、尿沈渣検体での比較、第107回日本泌尿器科学会総会、2019/4/18-21、名古屋(ポスター)
  6. 根本篤
    FilmArrayによる菌種・薬剤耐性解析の有用性:NICUにおける血液培養陽性5症例の解析、第122回日本小児科学会学術集会」を2019/4/19-21日、金沢(口頭)
  7. 沖元謙一郎、弘津陽介、明杖直樹、石川賢太郎、對田尚、丸岡大介、松村倫明、中川倫夫、新井誠人、雨宮健司、望月仁、加藤直也、小俣政男
    内視鏡治療検体を用いた早期大腸癌のSignificantly Mutated Gene (SMG) 解析。-TCGAの進行癌のデータとの比較検討-、2019/5/9-11、金沢(シンポジウム)
  8. 雨宮健司
    がんゲノム医療時代におけるFFPE 検体精度管理の重要性、第68回日本医学検査学会、2019/5/18-19、山口(口頭)
  9. 長久保由貴
    骨髄増殖性腫瘍に関与する遺伝子変異検査の院内導入への検討、第68回日本医学検査学会、2019/5/18-19、山口(口頭)
  10. 前島 誠
    マルチプレックス遺伝子診断(FilmArray)によるMRSA 敗血症の早期治療介入の実現、第68回日本医学検査学会、2019/5/18-19、山口(口頭)
  11. Taichiro Goto、Harunobu Sasanuma、Rumi Higuchi、Sotaro Otake
    Clonality of lymph node metastasis from multiple primary lung cancer、第36回日本呼吸器外科学会学術集会、2019/5/16-17、大阪(インターナショナルセッション)
  12. 後藤 太一郎、笹沼 玄信、樋口 留美、大竹 宗太郎
    多発肺癌における原発/転移の分子病態学的判別法、第36回日本呼吸器外科学会学術集会、2019/5/16-17、大阪(口頭)
  13. 樋口 留美、笹沼 玄信、大竹 宗太郎、後藤 太一郎
    胸腺上皮性腫瘍の血清バイオマーカーの探索:血清中GTF2I変異の測定意義、第36回日本呼吸器外科学会学術集会、2019/5/16-17、大阪(ポスター)
  14. 樋口 留美、笹沼 玄信、大竹 宗太郎、後藤 太一郎
    肺癌手術症例でのctDNA体内分布:肺静脈血と末梢血での検討、第36回日本呼吸器外科学会学術集会、2019/5/16-17、大阪(口頭)
  15. 大竹 宗太郎、笹沼 玄信、樋口 留美、後藤 太一郎
    血中遊離DNAを用いた肺癌術後微小癌遺残の検出に関する検討、第36回日本呼吸器外科学会学術集会、2019/5/16-17、大阪(ポスター)
  16. 弘津陽介、雨宮健司、長久保由貴、石井恵理、小山敏雄、望月仁、小俣政男
    全固形癌を対象にしたマイクロサテライト不安定性(MSI)/ミスマッチ修復酵素免疫染色(IHC)により明らかになったMSI状態の不均一性、第64回日本消化器病学会甲信越支部会、2019/6/8日、甲府(シンポジウム)
  17. 小尾俊太郎、弘津陽介、雨宮健司、菅田美保、天野博之、三浦優子、芦沢浩、中込圭子、大山広、細田健司、小嶋裕一郎、望月仁、小俣政男
    AnalysisofCellfreeDNAinLiquidBiopsyReflectstheTreatmentEffectsinLenvatinibTreatedHCC、第64回日本消化器病学会甲信越支部会、2019/6/8日、甲府(シンポジウム)
  18. 鈴木洋司、弘津陽介、大山広、望月仁、雨宮健司、小山敏雄、中込圭子、天野博之、三浦優子、芦澤浩、細田健司、小嶋裕一郎、小俣政男
    多発早期胃がんにおける分子サブタイプ解析、第64回日本消化器病学会甲信越支部会、2019/6/8日、甲府(口頭)
  19. 保坂啓太、大山広、角田翔太郎、天野博之、三浦優子、芦澤浩、中込圭子、弘津陽介、細田健司、鈴木洋司、小嶋裕一郎、望月仁、鷹野敦史、飯室勇二、小山敏雄、小俣政男
    EUSのみで指摘し得た同時性IPMN-relatedrelated微小膵癌2結節の一例、多発早期胃がんにおける分子サブタイプ解析、第64回日本消化器病学会甲信越支部会、2019/6/8日、甲府(口頭)
  20. 加々美陽平、天野博之、大山広、角田翔太郎、三浦優子、芦澤浩、中込圭子、弘津陽介、細田健司、鈴木洋司、小嶋裕一郎、望月仁、鷹野敦史、飯室勇二、小山敏雄、小俣政男
    EUSにて同定されFNAで確定診断し得た径8mm微小膵癌の一例、第64回日本消化器病学会甲信越支部会、2019/6/8日、甲府(口頭)
  21. 芦沢浩、羽田真朗、天野博之、三浦優子、中込圭子、大山広、細田健司、鈴木洋司、小嶋裕一郎、雨宮健二、弘津陽介、望月仁、小山敏雄、小俣政男
    進行胃癌のIO(Imuno-Oncology)治療薬選択;MSI/MMRfirstか,標準治療後の全患者対象か?、第64回日本消化器病学会甲信越支部会、2019/6/8日、甲府(シンポジウム)
  22. 望月仁、弘津陽介、角田翔太郎、天野博之、三浦優子、芦澤浩、大山広、鈴木洋司、小尾俊太郎、細田健司、小嶋裕一郎、小俣政男
    胃癌ゲノム情報と知識データベースの融合による治療薬の選択、第64回日本消化器病学会甲信越支部会、2019/6/8日、甲府(シンポジウム)
  23. 大山広、弘津陽介、雨宮健司、角田翔太郎、天野博之、三浦優子、芦澤浩、中込圭子、細田健司、小尾俊太郎、鈴木洋司、小嶋裕一郎、望月仁、小俣政男
    胆汁は胆膵悪性腫瘍のゲノム情報を反映する、第64回日本消化器病学会甲信越支部会、2019/6/8日、甲府(シンポジウム)
  24. 中込博
    Oncoplastic Breast Conserving Surgeryの適応の変遷と長期成績、第27回日本乳癌学会、2019/7/11-13、東京(ポスター)
  25. 弘津陽介
    BRCA1/2生殖細胞系列変異保因者の癌組織中における遺伝子異常、第27回日本乳癌学会、2019/7/11-13、東京(ポスター)
  26. 井上正行
    エリブリン治療症例の検討、第27回日本乳癌学会、2019/7/11-13、東京(ポスター)
  27. 弘津 陽介、飯室 勇二、 雨宮 健司、 望月 仁、 小山 敏雄、小俣 政男
    Phenotypic and Genetic Dissection of HCC Based on Tumor Evolutionary Trait、第17回臨床腫瘍学会、2019/7/18-20、京都(口頭発表:オーラル)
  28. 弘津 陽介、横山 仁、雨宮 健司、萩本 貴士、大門 裕典、保坂 恭子、小山 敏雄、望月 仁、小俣 政男
    Cell-free tumor DNA in urine reflects tumor genetic profiles and predict muscle invasion in urothelial bladder cancer、第17回臨床腫瘍学会、2019/7/18-20、京都(口頭発表:ミニオーラル)
  29. 弘津 陽介、大山 広、 望月 仁、小俣 政男
    Dual-molecular barcode sequencing detected the rare variants in tumor and circulating tumor DNA in plasma、第17回臨床腫瘍学会、2019/7/18-20、京都(口頭発表:ミニオーラル)
  30. 雨宮 健司、弘津 陽介、 長久保 由貴、 佐野 可南子、 名執 佑芽、 峰 広美、 花井 絵理、 渡辺 峻介、 石井 恵理、 芦沢 正美、 小山 敏雄、 望月 仁、 小俣 政男
    190検体のMSI検査とミスマッチ修復酵素免疫染色のペア解析~不一致例で見られたMSI statusの腫瘍内不均一性~、第17回臨床腫瘍学会、2019/7/18-20、京都(口頭発表:オーラル)
  31. 飯室勇二、鷹野敦史、雨宮健司、弘津陽介、望月仁、小山敏雄、小俣政男
    TERT promoter as a sole commonly mutated gene in multinodular HCC is an indicator of good postoperative prognosis、第17回臨床腫瘍学会、2019/7/18-20、京都(口頭発表:ミニオーラル)
  32. 中込 博、井上 正行、弘津 陽介、雨宮 健司、小俣 政男
    Genomic Profiling of patients with HER2 positive recurrent breast cancer resistant to anti-HER2 therapies、第17回臨床腫瘍学会、2019/7/18-20、京都(口頭発表:ミニオーラル)
  33. 羽田 真朗、弘津 陽介、 雨宮 健司、 長久保 由貴、 小山 敏雄、 飯室 勇二、 細田 健司、 小嶋 裕一郎、 望月 仁、 中込 博、 小俣 政男
    Analysis of metastatic foci using in house Gastric 58 SMG panel of 351,050 nt and d/pMMR status by IHC of MMR proteins、第17回臨床腫瘍学会、2019/7/18-20、京都(口頭発表:ミニオーラル)
  34. 雨宮 健司、弘津 陽介、 長久保 由貴、 佐野 可南子、 名執 佑芽、 峰 広美、 花井 絵理、 渡辺 峻介、 石井 恵理、 芦沢 正美、 小山 敏雄、 望月 仁、 小俣 政男
    20癌種706検体のミスマッチ修復酵素免疫染色から全固形癌スクリーニングは有用である、第17回臨床腫瘍学会、2019/7/18-20、京都(口頭発表:ミニオーラル)
  35. 中込 博、 井上 正行、弘津 陽介、雨宮 健司、坂本 育子、小俣 政男
    Assessment of “hereditary risk of patients with bilateral breast cancer、第17回臨床腫瘍学会、2019/7/18-20、京都(口頭発表:ミニオーラル)
  36. 後藤 太一郎、弘津 陽介、雨宮 健司、樋口 留美、望月 仁、小俣 政男
    Mutational analysis of multiple lung cancers: Discrimination between primary and metastatic cancers by genomic profile、第17回臨床腫瘍学会、2019/7/18-20、京都(口頭発表:ミニオーラル)
  37. 大山 広、弘津 陽介、 雨宮 健司、 天野 博之、 三浦 優子、 芦澤 浩、 中込 圭子、 細田 健司、 鈴木 洋司、 小山 敏雄、 鷹野 敦史、 飯室 勇二、 小嶋 裕一郎、 三方 林太郎、 加藤 直也、 望月 仁、 小俣 政男
    Establishment of molecular barcode detection system for pancreatic malignancies; comparison with deep sequencing by NGS、第17回臨床腫瘍学会、2019/7/18-20、京都(ポスター)
  38. 大山 広、弘津 陽介、 雨宮 健司、 天野 博之、 三浦 優子、 芦澤 浩、 中込 圭子、 細田 健司、 鈴木 洋司、 小山 敏雄、 鷹野 敦史、 飯室 勇二、 小嶋 裕一郎、 三方 林太郎、 加藤 直也、 望月 仁、 小俣 政男
    Bile juice replicates genomic profile of biliary tract malignancies、第17回臨床腫瘍学会、2019/7/18-20、京都(ポスター)
  39. 國政 啓、弘津 陽介、 中村 ハルミ、 雨宮 健司、 後藤 太一郎、 西野 和美、 久原 華子、 田宮 基裕、 井上 貴子、 木村 円花、 中塚 伸一、 望月 仁、 岡見 次郎、 今村 文生、 熊谷 融、 小俣 政男
    TP53-mutant Clone Occupies Major Prevalence in De Novo SCLC Transformation from EGFR-mutated Adenocarcinoma、第17回臨床腫瘍学会、2019/7/18-20、京都(ポスター)
  40. 樋口 留美、 雨宮 健司、 大竹 宗太郎、 弘津 陽介、 小山 敏雄、 望月 仁、 小俣 政男、 後藤 太一郎
    A specific missense mutation in GTF2I occurs exclusively in thymomas、第17回臨床腫瘍学会、2019/7/18-20、京都(ポスター)
  41. 長久保 由貴、弘津 陽介、 雨宮 健司、 小山 敏雄、 坂本 育子、 羽田 真明、 宮坂 芳明、 小嶋 裕一郎、 中込 博、 望月 仁、 小俣 政男
    コンパニオン診断薬MSI(FALCO)の検査院内化により見えた癌種横断的検査の重要性と課題、第17回臨床腫瘍学会、2019/7/18-20、京都(ポスター)
  42. 樋口 留美、雨宮 健司、 大竹 宗太郎、 弘津 陽介、 小山 敏雄、 望月 仁、 小俣 政男、 後藤 太一郎
    Clonality of lymph node metastasis from multiple primary lung cancer、第17回臨床腫瘍学会、2019/7/18-20、京都(口頭発表:ミニオーラル)
  43. 後藤 太一郎、弘津 陽介、 樋口 留美、 雨宮 健司、 望月 仁、 小俣 政男
    Analysis of noncoding indels in the surfactant-encoding genes in lung cancer、第17回臨床腫瘍学会、2019/7/18-20、京都(口頭発表:ミニオーラル)
  44. 坂本 育子、雨宮 健司、 弘津 陽介、 長久保 由貴、 峰 俊輔、 野崎 敬博、 小山 敏雄、 望月 仁、 小俣 政男
    Microsatellite instability is frequency observed in endometrial cancer: Benefits for receiving immuno-oncology therapy、第17回臨床腫瘍学会、2019/7/18-20、京都(口頭発表:オーラル)
  45. 羽田 真朗、弘津 陽介、 雨宮 健司、 長久保 由貴、 小山 敏雄、 飯室 勇二、 細田 健司、 小嶋 裕一郎、 望月 仁、 小俣 政男
    Treat all failure to prior therapies or test MMR first in gastric cancers in relevance to on-drug duration (ODD) of IO、第17回臨床腫瘍学会、2019/7/18-20、京都(ポスター)
  46. 柿崎 有美子、 小林 寛明、 筒井 俊晴、 宮下 義啓、 弘津 陽介、 望月 仁
    Tumor Mutation Burdenと非小細胞肺癌に対する免疫チェックポイント阻害薬使用例の予後の検討、第17回臨床腫瘍学会、2019/7/18-20、京都(ポスター)
  47. 井上 正行、中込 博、 長久保 由貴、 弘津 陽介、 雨宮 健司、 坂本 育子、 久保田 健夫、 小俣 政男
    保険収載されたゲノム医療が乳がん患者にもたらす福音について、第17回臨床腫瘍学会、2019/7/18-20、京都(ポスター)
  48. 坂本 育子、 弘津 陽介、 峰 俊輔、 野崎 敬博、 望月 仁、 小俣 政男
    Olaparib response discerned by BRCA1/2 germline mutation、第17回臨床腫瘍学会、2019/7/18-20、京都(ポスター)
  49. 野崎 敬博、坂本 育子、 吉原 達哉、 福島 治朗、 峰 俊輔、 雨宮 健司、 弘津 陽介、 小俣 政男
    Genomic profiling of liquid biopsy in patients with ovarian cancer precisely correlated with primary lesions、第17回臨床腫瘍学会、2019/7/18-20、京都(ポスター)
  50. Udo Schmidt-Edelkraut、Yosuke Hirotsu、 Xiaoyue Wang、 Regina Bohnert、 Markus Hartenfeller、 Peter Koch、 Andreas Werner、 Ram Narang、 Sajo Kaduthanam、 Francesca Diella、 Martin Stein、 Josef Hermanns、 Stephan Brock、 Stephan Hettich、 David Jackson、
    BRCA variant classification is improved by Japanese SNP data and correlate with response to PARP inhibition in MH GUIDE、第17回臨床腫瘍学会、2019/7/18-20、京都(口頭発表:ミニオーラル)
  51. 中込博、井上正行、弘津陽介、雨宮健司、坂本育子、小俣政男
    遺伝性乳癌患者に対するリスク軽減乳房切除について、第57回日本癌治療学会学術集会、2019/10/24-26、福岡(ワークショップ)
  52. 飯室勇二、弘津陽介、雨宮健司、望月仁、小俣政男
    多結節肝癌での結節間複数共通遺伝子変異の存在は、切除後早期再発の危険因子である、第57回日本癌治療学会学術集会、2019/10/24-26、福岡(臓器別シンポジウム)
  53. 羽田真朗、弘津陽介、雨宮健司、長久保由貴、小山敏雄、大森隼人、飯室勇二、細田健司、小嶋裕一郎、望月仁、中込博、小俣政男
    進行胃癌治療における初期のMSI(d/pMMR)スクリーニングの有用性の検討、第57回日本癌治療学会学術集会、2019/10/24-26、福岡(要望演題)
  54. 坂本育子、弘津陽介、雨宮健司、、長久保由貴、野崎敬博、峰俊輔、望月仁、小山敏雄、小俣政男
    子宮体癌におけるMSI検査と免疫療法の有用性、第57回日本癌治療学会学術集会、2019/10/24-26、福岡(口頭発表)
  55. 大山広、弘津陽介、雨宮健司、天野博之、三浦優子、芦澤浩、中込圭子、細田健司、鈴木洋司、小嶋裕一郎、望月仁、小俣政男
    胆汁は胆道癌のゲノムプロファイルを反映する、第57回日本癌治療学会学術集会、2019/10/24-26、福岡(口頭発表)
  56. 井上正行、中込博、、弘津陽介、雨宮健司、坂本育子、久保田健夫、小俣政男
    保険収載されたゲノム医療が乳がん患者にもたらす恩恵、第57回日本癌治療学会学術集会、2019/10/24-26、福岡(ポスター)
  57. 大山広、弘津陽介、雨宮健司、天野博之、三浦優子、芦澤浩、中込圭子、細田健司、鈴木洋司、小嶋裕一郎、望月仁、小俣政男
    分子バーコードを用いた胆膵悪性腫瘍に対する高感度検索システムの構築、第57回日本癌治療学会学術集会、2019/10/24-26、福岡(ポスター)
  58. 中込博、井上正行、弘津陽介、雨宮健司、小俣政男
    抗Her2療法に抵抗性を示したHer2陽性再発乳がんの遺伝子プロファイル、第57回日本癌治療学会学術集会、2019/10/24-26、福岡(臓器別シンポジウム)
  59. 坂本育子、弘津陽介、中込博、野崎敬博、峰俊輔、望月仁、小俣政男
    オラパリブ治療の反応性はBRCA1/2遺伝子変異で規定される、第57回日本癌治療学会学術集会、2019/10/24-26、福岡(要望演題)
  60. 後藤太一郎、弘津陽介、雨宮健司、望月仁、小俣政男
    胸腺腫特異的なGTF2Iミスセンス変異の解析、第57回日本癌治療学会学術集会、2019/10/24-26、福岡(口頭発表)
  61. 後藤太一郎、弘津陽介、雨宮健司、望月仁、小俣政男
    多発肺癌における原発/転移の分子病態学的判別法、第57回日本癌治療学会学術集会、2019/10/24-26、福岡(口頭発表)
  62. 後藤太一郎、弘津陽介、雨宮健司、望月仁、小俣政男多発肺癌におけるリンパ節転移巣の分子病態学的検討、第57回日本癌治療学会学術集会、2019/10/24-26、福岡(口頭発表)
  63.  弘津陽介、横山仁、保坂恭子、雨宮健司、小山敏雄、望月仁、小俣政男
    尿中cfDNAは膀胱癌のゲノムプロファイルを反映し再発予測に有用である、第57回日本癌治療学会学術集会、2019/10/24-26、福岡(パネルディスカッション)
  64. 大山 広, 弘津 陽介, 小俣 政男
    胆膵悪性腫瘍診断における胆汁,十二指腸液,血漿のリキッドバイオプシー、JDDW 2019、2019/11/21-24、神戸(ワークショップ)【若手奨励賞】
  65. 小嶋 裕一郎, 弘津 陽介, 小俣 政男
    NUDT15およびTPMTのチオプリン製剤による炎症性腸疾患治療の長期経過への影響、JDDW 2019、2019/11/21-24、神戸(ワークショップ)
  66. 大山 広, 弘津 陽介, 小俣 政男
    分子バーコード検出システムを用いた胆膵悪性腫瘍に対する高感度診断法の確立;次世代シークエンサーによるdeep sequencingとの対比、JDDW 2019、2019/11/21-24、神戸(ポスター)
  67. 飯室 勇二, 弘津 陽介, 望月 仁, 小俣 政男
    ゲノム解析からみた多結節肝癌の切除後再発、JDDW 2019、2019/11/21-24、神戸(ポスター)【優秀演題賞】
  68. Yosuke Hirotsu, Hitoshi Mochizuki, Masao Omata
    Inter- and Intra-tumor Heterogeneity of Genetic Profiles and Microsatellite Instability Status in Patients with Gastric Cancers、 JDDW 2019、2019/11/21-24、神戸(International Session)

ページの
先頭に戻る