メニュを開く メニュ
文字サイズ 標準

各部門の紹介

理学療法

 受傷・発症後早期から、運動機能の改善や座る・立つ・歩くなどの基本動作能力の回復を図り、自宅復帰・社会復帰、そして日常生活動作(ADL)や生活の質(QOL)の向上を目標に理学療法を実施しています。当院は県内唯一の第三次救急医療施設であり、ドクターカーやドクターヘリの運用を行っており、重篤な患者様も多くいらっしゃいます。そのため、集中治療室内にて人工呼吸器等を装着した患者様への介入も行い、呼吸リハビリテーションを積極的に取り入れることで早期人工呼吸器離脱を図っています。また、新生児やがん患者(急性期~緩和ケア)等の幅広い領域に対しても病棟スタッフと連携・協働しながら積極的に介入しています。

     PT1      PT2

作業療法

 病気やケガによって日常生活や仕事、通学・通園、遊びなど、今までできていたことが行いにくくなることがあります。私たち作業療法士は、日常生活に適応できるように生活状況をお聞きし、評価・検査を行っています。その中で一緒に目標を考え、その人らしい生活が送れるように作業活動を通じて指導・援助を行い、機能・能力の回復を促しています。

 ・上肢機能訓練
   ・高次脳機能訓練
   ・日常生活訓練
   ・屋外訓練
   ・住宅改修アドバイス 等
   ・福祉機器の紹介、操作練習
   ・ハンドセラピィ(当院で手術した患者様に限り外来でも実施しています)

 様々な視点から患者様一人ひとりと同じ目線で向き合い、生活の再構築を目指します。そして、その他社会生活への復帰に向けてご家族様を含めサポートしていきます。

        PT3  

言語聴覚療法

 病気や事故などで「話す」「聞く」「表現する」「食べる」ことが不自由になることがあります。このようなコミュニケーションや嚥下に困難を来した児・者に対して、症状の発現メカニズムや解決策を見出すために検査・評価、そして、患者様・御家族への指導や助言、援助を行います。当院では、救命救急センター、がんセンター、総合周産期母子医療センターなど、超急性期からターミナル期まで幅広い領域における言語聴覚療法を提供しています。平成30年度からは口唇口蓋裂のフォロー外来も開始しています。発達に応じて評価・訓練を実施し、正常構音の獲得の支援をしていくと同時に、保護者の方にご家庭でできる練習などの伝達もします。

       PT2   

ページの
先頭に戻る