がんセンター局

山梨県には“がんセンター”といったがん診療に特化した病院はありません。
都道府県がん診療連携拠点病院としての山梨県立中央病院は“がんセンター”に負けないがん診療を県民に提供できる病院をめざしがんセンター局を設置しました。

高齢化社会を迎え 高血圧や糖尿病などさまざまの基礎疾患を持つがん患者さんが多くなっています。当院のような総合病院が、がんセンター機能をもつことは、患者さんの容体にあわせたがん診療を提供できるメリットがあるものと自負しています。

がんセンター局は がん診療を担うすべての診療科と緩和ケア・推進室(緩和ケアセンター)放射線治療、通院加療がんセンター(ATCC)ゲノム解析センター(GAC)がん相談支援センター、がん登録室などから構成され、がんセンター機能を推進しています。

ホームページに掲載した各部署の取り組みをみていただくことで当院のがんセンター機能を理解いただけると思います。