放射線部のご案内

放射線部には、撮影した画像情報を基に診断を専門とする放射線診断科と、がんの治療を行う放射線治療科があります。 医師や診療放射線技師だけでなく、患者様がより安心して検査や治療が受けられるように看護師も配属され、診療の充実を図っております。

放射線診断科では、CR(コンピューターラジオグラフィ)によるレントゲン撮影、マルチスライスCT、MRI、ガンマカメラ、 血管撮影装置などの最新の機器をそろえており、迅速で速やかな画像診断に心がけています。 放射線治療では、最新の放射線治療装置(リニアック)と小線源治療装置を導入し、安全性を重視し、より精度の高い放射線治療を実践しています。

放射線部では、専門医、認定技師、専門技師などの育成にも力を入れ、質の高い医療の提供と放射線被ばくの低減だけでなく 待ち時間の短縮にも取り組んでおり、安心して放射線診療を受診できるように質の高いチーム医療を目指しています。


<お知らせ>
H20.12.17 メタストロン注(ストロンチウム−89)による有痛性骨転移の疼痛緩和治療を始めました