メニュを開く メニュ
文字サイズ 標準

がん登録

院内がん登録について

 院内がん登録とは、病院で診断されたり、治療されたりしたすべての患者さんのがんについての情報を、診療科を問わず病院全体で集め、その病院のがん診療がどのように行われているかを明らかにする調査です。(国立がんセンター「がん情報サービス」ホームページより)

 2016年1月からは「がん登録等の推進に関する法律」が施行され、日本でがんと診断されたすべての人のデータを、国で一つにまとめて集計・分析・管理する「全国がん登録」という制度がスタートしています。

https://ganjoho.jp/reg_stat/can_reg/national/public/about.html

 当院は「都道府県がん診療連携拠点病院」の指定を受けています。がん診療連携拠点病院の使命として、「院内がん登録を行うこと」「国立がん研究センターに情報提供を行うこと」「地域がん登録に協力すること」が定められています。

 がん登録は患者さんを直接治療するものではありませんが、得られる情報をもとに対策を立てることで、将来がんになる人を減らしたり、がんから治る人を増やすなど、これからのがん医療に役立てられる大切な制度です。皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。

 患者さんから得られた情報は以下のものに利用しています。
    ・国立がん研究センターが実施する全国集計へのデータ提出
    ・山梨県が実施する地域がん登録へのデータ提出
    ・国が実施する全国がん登録へのデータ提出
    ・当院におけるがん診療の実態把握

詳細

 国立がん研究センターには年1回がん登録で得られた、がんの種類、受診時の状況、治療内容等の情報を提供しています。集計された情報は都道府県ごとに集計されてホームページ等で公表されます。
 その集計されたデータは、国が「がん対策」を行う際の重要な資料となっています。がんセンターに提供する情報には患者さんの氏名等、個人が特定できる情報は含まれていません。

予後調査について

 がん登録では予後調査が大切な情報になります。今行われているがん対策や新しい治療法がどのくらい患者さんの予後を改善するのか生活の質を向上させるのか判断するための指標のひとつだからです。
 当院では、院内がん登録の対象となった患者さんの予後を調べるため、院内のカルテ情報では生存が確認できない患者さんにつきましては、お住まいの市町村に生存状況を問い合わせることがあります。

個人情報について

 国立がん研究センターや県へ登録データの提出する際には、診療情報を誰のデータか分からないように加工し提出を行ってお ります。登録したデータについて、生存率算出のための調査を行う際に個人情報を使用することもありますが、「がん登録等の推進に関する法律」施行以前よ り、当院の諸規定を遵守し、厳重に管理しております。患者さんは自己の個人情報の利用の停止・消去及び提供の停止を請求することができます。
 なお、申し出のない場合は同意していただいたものと取り扱わせていただきますが、いつでも撤回または変更を行うことができます。
 ご不明な点がございましたら、がん相談支援センター又は医事課までご連絡ください。

 当院のこれまで集計したがん登録の数を図表にしました。
 さらに、院内がん登録の情報は院内の医師が臨床研究に利用し、がん診療の向上に役立てています。
 その一端をがん種別の研究内容として表示いたしました。

院内がん登録とは

 院内がん登録とは、その病院でがんの診断・治療を受けたすべての患者について、がんの診断、治療、予後に関する情報を登録する仕組みです。そのデータを基に、各施設におけるがん診療の実態を把握し、がん診療の質の向上とがん患者の支援に役立てます。

がん登録の登録対象について

 当院ではじめて「がん」を診断または治療した症例、もしくは、他院で「がん」を診断または治療した後に当院に初診となった症例が登録対象です。
 当院で2006年以前に「がん」の診断または治療をした後の再発については登録対象になりません。脳腫瘍は良性でも登録対象になります。その他腫瘍の性質等によってがん登録特有のルールがあります。

1 登録数/診断年

 登録数とは、院内がん登録で登録対象となった患者の数です。1つのがんについて1回登録を行います。一人の患者に対して複数の独立したがんが診断された場合には、それぞれのがんについて登録します。
 診断年とは、初回治療開始前に、診断のために行った検査のうち、がんと診断する根拠となった検査が行われた年をいいます。(自施設にて行われた検査だけでなく、紹介元など他施設に行われた検査を含みます)。

 過去分参照(2007-2013年診断症例)

2 診断時住所別

 過去分参照(2007-2011年診断症例)

3 年齢別

 全部位の総数、男女別の登録数を6階級年齢別(10歳ごとの年齢)で区切ったグラフです。

 過去分参照(2007-2013年診断症例)

4 症例区分

 登録施設での診断の有無と、登録施設における初回治療の有無の組み合わせにより患者を振り分ける区分です。症例区分8は、セカンドオピニオンのみの症例を任意に登録する区分になっており、この区分を含めて集計を行うと施設間の比較の可能性が損なわれるという理由から、基本的な集計対象から除外しています。

  • 「診断のみ」:
      当院でがんと診断されたが、当院では初回治療されなかった症例
  • 「自施設診断・自施設治療」:
      当院でがんと診断され、当院で初回治療された症例
  • 「他施設診断・自施設治療」:
      他院でがんと診断され、当院で初回治療された症例
  • 「治療開始後」:
      他院で初回治療開始後、当院で引き続き治療を行った症例
  • 「剖検発見」:
      剖検で初めてがんが見つかった症例

※ 初回治療とは「そのがんに対する最初に計画された治療方針(経過観察を含む)」を意味します。

過去分参照(2007-2012年診断症例)

過去分参照(2013-2015年診断症例)

2016年診断の症例より、下記のように区分が整備されました。

  • 「診断のみ」:
      当院でがんと診断されたが、治療の施行は他院へ紹介・依頼した症例
  • 「自施設診断・自施設初回治療開始」:
      当院でがんの診断および初回治療に関する決定がされ、当院で腫瘍そのものへの治療が開始された症例
  • 「自施設診断・自施設初回治療継続」:
      当院でがんと診断された後、他院で初回治療が開始され、その後当院で初回治療の一部が実施された症例
  • 「他施設診断・自施設初回治療開始」:
      他院でがんと診断された後、当院で初回治療が開始された症例
  • 「他施設診断・自施設初回治療継続」:
      他院でがんと診断された後、他院で初回治療が開始され、その後当院で初回治療の一部が実施された症例
  • 「初回治療終了後」:
      他院で初回治療終了後に、当院を受診した症例
  • 「その他」:
      上記のいずれかにも分類できない症例(他院で診断された症例で治療目的に紹介されたが、当院では治療を行わず、他院へ紹介した場合も含まれる)

5 来院経路

 どのような経路を経て当院を受診したかを下記のように分類しています。
「他院紹介」:
  他院でがん、あるいは、がん疑いと診断され、紹介されて受診した場合
「自主来院」:
  自己の判断で、紹介されることなく当院を選んで来院した場合
「他疾患経過観察中」:
  当院で慢性疾患など他の疾患で受診中に、当該腫瘍が発見された場合
 ※「がん検診」と「健康診断・人間ドック」の分類について下記のような分類を行っています。登録実務上は明確に「がん検診」と「健康診断・人間ドック」の2つを区分分類できない場合も少なくありません。

  • がん検診:
      がんの早期発見・早期治療を目的とし、一連の定型的な検査を行う場合
  • 健康診断:
      健康一般に関する審査、(健康の尺度の測定) を目的とする一連の検査を行う場合
  • 人間ドック:
      個人を対象にして行われたより詳細な健康一般に関する診査

過去分参照(2007-2012年診断症例)

過去分参照(2013-2015年診断症例)

2016年診断の症例より、下記のように区分が整備されました。

  • 「自主的受診」:
      がん患者が、他院の紹介等ではなく、当該腫瘍や関連症状に関して自主的に当院を選択して、初診した場合
  • 「他施設からの紹介」:
      他の施設(異なる施設に属する検診機関等も含む)からの紹介で、初診した場合
  • 「自施設での他疾患経過観察中」:
      当院で他疾患により経過観察中に、がんと診断あるいはがんが疑われた場合
  • 「その他」:
      上記に当てはまらないもの(剖検で発見された場合を含む)
  • 「不明」:
      診断に至る発端が不明の場合

6 発見経緯

 来院経路とは異なり、当該腫瘍が診断される発端となった状況を把握するための項目です。何らかの症状があり、病院を受診して診断された場合には「その他・不明」に含まれます。

過去分参照(2007-2012年診断症例)

過去分参照(2013-2015年診断症例)

7 「部位別」の登録部位

 がん登録は原発部位で登録します。原発不明の場合は「その他」に含まれます。

8 総合ステージ別  治療方法

 治療開始時点で計画された一連の治療の割合を総合ステージ別に示しています。総合ステージとは、治療前のがんの状態をより正確に表す「術後病理学ステージ」を優先的に用い、「術後病理学ステージ」が対象外、適応外、不詳の場合に「治療前ステージ」を用いて、治療前のがんの状態を表す指標です。なお、治療中・経過観察中に新たに計画され追加された治療は集計対象に含みません。
 「治療前ステージ」…治療を行う前の検査により診断された分類
 「術後病理学ステージ」…手術など術後に検体が提出され病理学的に診断された分類

  • 集計対象:
    入院・外来を問わず、当該腫瘍で自施設に初診し、初回治療開始の対象となった症例。2016年診断の症例からは他施設を初回治療を開始し、自施設で治療継続した症例を含む
  • 部位:
    胃、大腸(結腸・直腸)、肝臓、肺、乳房の主要5部位
  • がんの種類:
    癌種(肺のみ一部カルチノイドを含む)

治療種別は以下になります。

  • 1 手術のみ           8 手術/内視鏡+放射線
  • 2 内視鏡のみ            9 手術/内視鏡+薬物
  • 3 手術+内視鏡          10 手術/内視鏡+その他
  • 4 放射線治療のみ         11 手術/内視鏡+放射線+薬物
  • 5 薬物療法のみ            12 他の組み合わせ
  • 6 放射線+薬物             13 治療なし

※下記治療は以下に含まれます

手術:外科的治療と体腔鏡(腹腔鏡・胸腔鏡)的治療
   薬物療法:化学療法、免疫療法・BRM、内分泌療法
   その他の治療:肝動脈塞栓術、アルコール注入療法、温熱療法、ラジオ波焼灼を含むレーザー等焼灼、他

※症状緩和目的の治療は特例を除き、集計対象外です

特例で症状緩和治療で集計対象とする治療(主なもの)
   内視鏡治療として登録:ステント留置術・胃瘻、腸瘻造設術
   その他の治療として登録:胸膜癒着術

過去分参照(2007‐2013年診断症例)

9 病期分類(主要5部位)

 国際対がん連合(UICC)TNM悪性腫瘍の分類によりステージを決定しています。
 2007年から2011年まではUICC第6版、2012年以降はUICC第7版に基づいて分類しています。
 院内がん登録では胃・大腸・肝・肺・乳房を主要5部位としています。
 肉腫、リンパ腫、カルチノイド等は除外し、癌腫のみを集計対象としています。

(治療前ステージについて)

 何らかの治療が行われる以前につけられたステージを示します。
 肝臓については取り扱い規約のステージも集計しています。
 当院ではじめて治療を行った腫瘍のみを集計対象としています。

(術後病理学的ステージについて)

 当院ではじめて原発巣の外科的・体腔鏡的・内視鏡的治療を行った腫瘍のみを集計対象としています。
 術前に化学療法や放射線治療法などが行われた場合は、術前治療後として登録されます。
 原発巣・転移巣に関わらず、がんに対する初回の一連の治療のみを集計対象としています。
 前医で治療がされた後の当院での治療は集計対象外です。

過去分参照(2007‐2013年診断症例)

院内がん登録 登録数(2019年2月現在)

2017年 男女別(上皮内がんを除く)

2017年 診断時年齢別

2013年 地域がん登録数と中央病院登録数(上皮内がんを除く)

掲載内容に関するお問い合わせ

地方独立行政法人山梨県立中央病院

通院型がんセンター

電話番号
055-253-7111(代)

ページの
先頭に戻る